シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ミーガン・フォックス、「女の友情なんてあり得ないわ」

ミーガン・フォックス、「女の友情なんてあり得ないわ」
女なんて最低よっ! -ミーガン・フォックス

 映画『ジェニファーズ・ボディー』(原題)でクラスメイトを殺して食べるキャラクターを演じたミーガン・フォックスが、気持ちがわかるためジェニファーを演じるのは簡単だったと語った。

 「わたし自身がイヤな奴だから、役に入り込むのは難しくなかったわ。誰でも何かに怒りを感じていると思うけど、わたしは特に怒りを持っているからそれをぶつけたっていう感じ」とコメント。また、女性は競争心が強いため、女の友情は不可能だとミーガンは言い切る。「女の子って最低よ。でも、同じ女として擁護するなら、女の子が最低なのは社会がそうさせているから。男性の気を引こうと常に競争しているからなの。常に男の子の気を引き、認識してもらおうと必死になる。そんな中、自分よりも注目を浴びる人とは友だちになれないでしょう」とコメントしている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 11月
  4. 11日
  5. ミーガン・フォックス、「女の友情なんてあり得ないわ」