シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ロバート・パティンソン、バーやパブでの音楽演奏の夢は消えた

ロバート・パティンソン、バーやパブでの音楽演奏の夢は消えた
ロバート・パティンソン

 映画『トワイライト~初恋~』のサウンドトラックに収録されている「ネバー・シンク」で音楽的才能を披露したロバート・パティンソンが、音楽もやっていきたいが、映画で演じたエドワード・カレンのイメージがつきまとって失敗するんじゃないかと思っているという。

 「作詞作曲はしているよ。映画のプロモーションが終わったら何曲かレコーディングするけど、その前は何もする気はない。『トワイライト』の吸血鬼というレッテルを貼られたアルバムは出したくないんだ。いつの日かアルバムをリリースするときは、僕の名前も顔写真もカバーには載せない。みんな偏見を持ってしまって聴いてくれないだろうから」とロバートは語る。

 ロバートは、バーで演奏しながら下積みをし、ジワジワとチャートを上ることを夢見ていたが、世界的に有名になってしまったため、この夢はもうかなわないという。「有名になる前はバーやパブなんかで演奏したかったんだ。でも、もう不可能だね」とパリス・マッチ誌に語っている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 11月
  4. 27日
  5. ロバート・パティンソン、バーやパブでの音楽演奏の夢は消えた