シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『2012』がV2!全世界で社会現象を巻き起こした『ニュームーン/トワイライト・サーガ』は6位発進!-11月30日版【映画週末興行成績】

『2012』がV2!全世界で社会現象を巻き起こした『ニュームーン/トワイライト・サーガ』は6位発進!-11月30日版
V2!映画『2012』

 4週間にわたって話題を提供してきた映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の上映は、累計351万9,080人、興収44億179万5,200円という成績でラストランを飾った。そんな嵐のようなマイケル旋風が過ぎた後、引き続き興行界に嵐を巻き起こしているのが、先週に引き続き首位を走るローランド・エメリッヒ監督のディザスター映画『2012』だ。邦高洋低の風潮の中、正月興行をけん引する洋画作品として存在感を示しそうだ。

 マイケルさんの映画が終了したことで、2位の映画『Disney'sクリスマス・キャロル』、3位の映画『なくもんか』、4位の映画『イングロリアス・バスターズ』がそれぞれ前週よりワンランクずつ繰り上がった。そして先日、第34回報知映画賞の作品賞を受賞した映画『沈まぬ太陽』が、公開6週目にして先週7位から2ランクアップし、興収22億円を突破。中高年層をターゲットにした映画は、口コミがジワジワと広がって、息の長い興行が展開される傾向があるが、本作の興行ペースはまさにそのケースか。

 一方、初登場6位となったのは映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』。全国197館で公開され、初日2日間で動員5万1,825人、興収6,878万8,100円と、前作動員比103%と前作を超えるスタートを切った。しかしアメリカでオープニング興収記録を次々と塗り替えたことを筆頭に、イギリス、フランス、オーストラリアなど、全世界でメガヒットを記録し、社会現象を巻き起こしたことから考えると、やや物足りないスタートか。しかし続編の製作もすでに決定、日本でもトワイライターと呼ばれる女性ファンが急増していることから、今後の展開に期待したい。

 7位は映画『ゼロの焦点』がワンランクダウン。8位は公開6週目の映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』。9位の映画『映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?』、10位の『劇場版 マクロスF(フロンティア)虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~』というアニメ2作品の順位が先週と入れ替わっている。キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演の映画『理想の彼氏』は圏外11位からのスタートとなった。

 今週末は映画『カールじいさんの空飛ぶ家』『インフォーマント!』などが公開。いよいよピクサー映画も公開となり、正月興行に向けて顔触れもにぎやかになり始めてきた。今後の行方に注目したい。(ランキングなどは興行通信社調べ)(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 12月
  4. 1日
  5. 『2012』がV2!全世界で社会現象を巻き起こした『ニュームーン/トワイライト・サーガ』は6位発進!-11月30日版