シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

吉川晃司、40代半ばにして仮面ライダー役の喜びと戸惑いを語る

吉川晃司、40代半ばにして仮面ライダー役の喜びと戸惑いを語る
写真左から、広瀬アリス、吉川晃司、及川奈央

 12日、映画『仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010』が公開初日を迎え、田崎竜太監督、出演の桐山漣、井上正大、戸谷公人らレギュラーキャストに加え、本作の中で仮面ライダースカルを演じた吉川晃司が丸の内TOEI1で舞台あいさつを行った。

 この日は、10~20代のキャスト陣に囲まれ、少々居心地悪そうにそわそわしていた吉川。「(劇中では)桐山君に『おやっさん』って呼ばれる役なんですが、年齢的にもう『おやっさん』なんですかねえ」といきなりぼやき始めた吉川。さらに「こんな真ん中じゃなくて、(右隅の)田崎監督の隣りにいきたいですよ。年齢的に一緒なんで」としきりに年を気にした発言を繰り返し、会場の笑いを誘った。彼が演じる仮面ライダースカルはハードボイルド名探偵で、仮面ライダーW誕生のカギを握る重要人物。吉川にとって、仮面ライダーは子どものころのあこがれだったそうで、仮面ライダースナックについているカードを集めたり、変身ベルトも持っていたという。そのあこがれの存在に、「40代半ばにして変身させていただけるなんて思わなかったので、ものすごく楽しかった。仮面ライダースカルは黄金バットやハカイダーのように陰のあるヒーロー。その陰を出せればと思いながら演じました」とまたまた年齢を気にしながらも、喜びの気持ちを語った。

 本作で平成仮面ライダー映画の累計観客動員は1,000万人を突破したという。最後に、「若い俳優が汗、涙、鼻水を垂らしながらつないできた10年間の平成ライダーの集大成的な作品です。東映が本気を出して作りました。本作中の東映マークに本気の気持ちが表れています」と力説した田崎監督。舞台あいさつ終了後、その発言の意味をスタッフにたずねると、本作の中にはなんと4回も東映マークが登場するとか。さまざまな意味で話題満載の本作、まさに、仮面ライダーファンは必見である。

 本作は仮面ライダーディケイドとWという平成を代表するダブルヒーローが夏の映画に続いて、ガッチリとタッグを組み、再びスクリーンに登場。仮面ライダーWの誕生の秘密に迫るとともに、仮面ライダーディケイドの運命のラストバトルを描く。二人の仮面ライダーの運命が交わるとき、物語は壮絶な戦いへと導かれ、臨界点を超えた正義の旋風が巨大な悪の野望を吹き飛ばす。

映画『仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 12月
  4. 12日
  5. 吉川晃司、40代半ばにして仮面ライダー役の喜びと戸惑いを語る