シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

3週目の底力!サンドラ・ブロック主演作がついに全米第1位獲得 -12月8日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

3週目の底力!サンドラ・ブロック主演作がついに全米第1位獲得 -12月8日版
トップを取られちゃった……。(映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』より) - TM & (C) 2009 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 2週連続でチャートの王座に君臨していたバンパイア映画が、実話を基にした元気の出る映画に打ち負かされた。

 サンドラ・ブロックの主演映画『ザ・ブラインド・サイド』(原題)は、公開後3週目にして底力を発揮し、息切れ気味だった映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』をトップから引きずりおろした。週末2,004万ドル(約18億360万円)の興行成績を上げた『ザ・ブラインド・サイド』(原題)のサンドラの好演はオスカーの呼び声も高く、アカデミー賞の季節到来に合わせてこの作品は改めて注目を浴びている。(1ドル90円計算)

 第2位は上記でも触れたが、『ニュームーン/トワイライト・サーガ』で1,543万ドル(約13億8,870万円)の売り上げ。ティーンエイジャーに大人気のこの映画は、3週目に入ってついに疲労の色を見せ始め、先週の売り上げから64パーセントの下降率を示した。

 第3位は初登場で、トビー・マグワイア、ナタリー・ポートマン、ジェイク・ギレンホール主演のヘビーな映画『ブラザーズ』(原題)で953万ドル(約8億5,770万円)。内容がかなり重苦しいため、オールスター・キャスト作品にもかかわらず第3位にとどまった。だが、主人公の帰還兵を熱演するトビーには早くもオスカー候補の声が上がっており、これからのオスカー・シーズンにかけてこの作品の人気が細く長く継続する可能性は十分にある。

 第4位は、いよいよシーズン到来! という感じでワンランク盛り返して776万ドル(約6億9,840万円)の成績を収めた、映画『Disney'sクリスマス・キャロル』。先週は第5位で、上映館数も今週は467軒減ったにもかかわらず順位が上昇するとは、あっぱれなパフォーマンスである。

 第5位は、先週から59パーセント下降で689万ドル(約6億2,010万円)の興行成績を記録した映画『オールド・ドッグス』(原題)。悲しいかな、この作品はこれから登場するホリデー大作にますます追い立てられて、チャートランキング滑落の一途をたどりそうである。

 さて次回のランキング予想だが、オスカー候補のうわさも高い作品を含め、強力陣営が待機している。筆頭は、トップ3入り間違いなしのクリント・イーストウッド監督映画『インビクタス/負けざる者たち』だ。2010年に授賞式が行われる第82回アカデミー賞には間に合わないものの、次期のアワード・シーズンには、この作品でイーストウッド監督が数々の賞を総なめにするのでは……という気の早い憶測も上がっており、かなり前評判が高い。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 12月
  4. 15日
  5. 3週目の底力!サンドラ・ブロック主演作がついに全米第1位獲得 -12月8日版