シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

全米今年最後は3D対2D!勝ったのは『アバター』!『シャーロック・ホームズ』は2位!-12月28日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

全米今年最後は3D対2D!勝ったのは『アバター』!『シャーロック・ホームズ』は2位!-12月28日版
惜しくも2位の『シャーロック・ホームズ』日本版ポスター - (C) 2009 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

 早いもので2009年も終わり。3Dに明け、3Dに暮れた感じの一年だったが、暮れのボックスオフィスを締めくくったのも3D超大作。7,562万ドル(約68億580万円)の興行収入を記録したジェームス・キャメロン監督作品『アバター』が全米映画の王座に輝いた。(1ドル90円計算)

 クリスマスが入った12月23日~26日週末ボックスオフィスは、これまで史上最高記録であった2億6,050万ドル(約234億4,500万円)(2008年7月18日~20日『ダークナイト』と『マンマ・ミーア!』が封切られた週末)の記録を軽々と超え、2億7,000万ドル(約243億円)という新しい記録をたたきだした。

 そして『アバター』は、公開2週目にして、ボックスオフィスの大台といわれる1億ドルマークをゆうに超える驚異的な2億1271万ドル(約191億4390万円)(12/26現在)を記録しており今週末にデビューしたすべての新作を足元にも寄せ付けない快進撃を披露している。

 『アバター』の攻勢にあおりを食らっているのは、今週デビューを飾った新作3本。『アバター』がなければ確実にナンバーワンの座についていたと思われるのは、惜しくも2位の『シャーロック・ホームズ』で6,239万ドル(約56億1510万円)。

 ロバート・ダウニー・Jr主演でガイ・リッチー監督久々の会心作だが、1位の『アバター』には約1,300万ドル(約11億円)の差をつけられた。『シャーロック・ホームズ』は、公開館数にすると『アバター』より200館多い3,626館で公開しているのにもかかわらず2位となってしまっている。3Dを売り物にしている『アバター』の観客は、必然的に普通の鑑賞券よりも高額の3D鑑賞券を買って観に行くケースがほとんどである。これに比べると3Dが売りではない『シャーロック・ホームズ』の観客たちは3D券よりも安価の普通鑑賞券で観に行っている。映画自体のスケールの大きさはもちろんのこと、『シャーロック・ホームズ』の興行収入が2位となった理由は3D映画vs.2D映画の差といったところにあるようだ。新年に向けて、ハリウッド映画業界これからの方向性を位置付ける上で非常に興味深い結果ともいえる。

 『アバター』の犠牲となった新作2つめは、3位『アルビン&ザ・チップマンクス:ザ・スクイーコール』(原題)で4,888万ドル(約43億円)の成績。こちらの公開館数は1位・2位となった作品の公開館数を超える3,700館。『シャーロック・ホームズ』公開の前日に先駆けて公開されたため、現在までの総合興行収入は『アルビン&ザ・チップマンクス~』のほうが約1,300万ドル(約11億円)ほど多くなっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「アバター」記録樹立なるか? from ミステリ通信 創刊号 (2010年1月5日 20時4分)
    映画興行成績で年越し2週連続首位とキープしている「アバター」。 毎日jpによれば興行収入は既に30億円を突破。 AFP通信によれば10億ドルも突破とか。 下に年末年始国内の興行収入ランキングを掲載しておきます。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • シャーロック・ホームズの映画 from アメリカ留学情報 (2010年1月2日 11時31分)
    今年の冬休みは 映画三昧でした。 アバターを観て 先日はシャーロック・ホームズを ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 12月
  4. 31日
  5. 全米今年最後は3D対2D!勝ったのは『アバター』!『シャーロック・ホームズ』は2位!-12月28日版