シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

10代での妊娠、児童虐待、DVが日常の家族描く衝撃のドキュメンタリー、最優秀作品賞獲得(1/2)

10代での妊娠、児童虐待、DVが日常の家族描く衝撃のドキュメンタリー、最優秀作品賞獲得
左からドーネル・モーシャー(モーシャー家の長男で撮影監督)、マイケル・パルミエリ監督 - Photo:Nobuhiro Hosoki

 アメリカ最大のドキュメンタリー映画の祭典で、サンダンス映画祭に次ぐ映画祭として世界からも注目されているシルバードックス・ドキュメンタリー映画祭で、最優秀作品賞に選ばれた『オクトーバー・カントリー』(原題)について、監督のマイケル・パルミエリと撮影監督のドーネル・モーシャーが語ってくれた。同作は、ニューヨーク州のモーホーク・バレーで暮らすモーシャー家族を中心に、その家族内で起きた10代での妊娠、ドメスティック・バイオレンス、児童虐待、養子、戦争の影響を描き、ワーキング・クラスの家族が抱える問題を浮き彫りにしていく秀作。撮影監督のドーネル・モーシャーは、この家族の長男でもある。

 最初に、モーシャー家族の構成は、面倒見の良い祖母ドッティ、ベトナム戦争体験者の祖父ドン、その彼らの子どもたちが、問題の多い母親ドナと撮影監督のドーネル、さらに母親ドナの子どもたちは、10代ですでに子持ちの娘ダニエル(赤ちゃんの名前はルビー)と、小学生だが賢い娘デゾレーがいる。だが、一番ややこしいのは、このほかに、警察沙汰になるほどの不良少年の養子クリスと、墓地を徘徊しながら、死者のスピリッツ呼び出そうとする祖父ドンの妹デニースがいるのだ。

 まず、製作経緯について監督のマイケルは「この映画のアイデアは、ドーネルが8年から9年掛けて家族を撮影したフォトエッセイから生まれものなんだ。撮影に入る1年前に、サンフランシスコで出会った僕らは、お互いの仕事(マイケルが映画、ドーネルが写真)に興味を示して、なんとかそれを映画製作に移行できないかと考えたのがきっかけになったんだ」と語る。

 まず、母親のドナとその彼女の娘で、10代ですでに子持ちのダニエルが、同じように前夫からドメスティック・バイオレンスを受け、すでに別れていた。だが、その中で一番気になったのは娘のダニエルの告白で、「毎日のように前夫から暴行を受けていた」と語っているが、母親のドナが同じようにドメスティック・バイオレンスを受けていたのを、子どものときからよく見ていた娘のダニエルは、そんな状況下に自分が置かれても、母親ドナのようにがまんするのが当然だと思い、無理に耐えようとしたことがあった。この件に関して、家族の一員でもあるドーネルは「残念なことに、これは驚くべきことではないんだよ。こんなことが、ごく当たり前のように、あっちこっちで起きているんだよ」と語る。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 2月
  4. 12日
  5. 10代での妊娠、児童虐待、DVが日常の家族描く衝撃のドキュメンタリー、最優秀作品賞獲得