シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

3女優と女性監督、美女4人が華やかに登場!男性記者が思わずデートの申し込み?【第60回ベルリン国際映画祭】

3女優と女性監督、美女4人が華やかに登場!男性記者が思わずデートの申し込み?
写真は左から、キャサリン・キーナー、ニコール・ホロフセナー、アマンダ・ピート、レベッカ・ホール - Photo:Yukari Yamaguchi

 2月16日、第60回ベルリン国際映画祭でインターナショナルプレミアが開催される『プリーズ・ギヴ』(原題)の会見が行われた。ニコール・ホロフセナー監督と3女優という女性チームの会見となった。

 本作は、老婆と2人の孫娘に、その隣人家族の物語。アマンダ・ピートとレベッカ・ホールが演じる孫娘と、隣人の妻を演じるキャサリン・キーナーの心の機微が、家族、病、死というテーマを盛り込みながら、温かく描かれる。

 それぞれの祖母を連れて、ボーイフレンドと紅葉の美しい森でデートする印象的なシーンのあるホールに、男性記者が「実際にデートするのは、どういう場所が好きですか?」と質問。「うーん、どこがいいかしら? あまり考えたことないわ」と答えるも、「たとえばでいいんです」と食い下がる記者に、「あなた、私をデートに誘うつもり?」とちゃめっ気たっぷりのホールは、この役をとても気に入っているという。

 ホロフセナー監督とは本作で4本目の仕事になるというキーナー、最後には負け犬呼ばわりされる冷たい美人を演じるピートともども、女性同士ならではということか、ホロフセナー監督の言わんとするところを、しっかり演じてみせた佳品となっている。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ◆朝青龍が引退!あの暴行事件の闇に隠された真実とは! from 朝青龍 ブログ (2010年2月21日 9時23分)
    一般的な報道では、「一般人を暴行」して暴言を吐いたりした加害者のような報道をされている朝青龍だが実際は・・・ 殴られたのは六本木... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 今日のベルリン国際映画祭情報(2月19日) from ミステリ通信 創刊号 (2010年2月19日 21時41分)
    今日のベルリン国際映画祭情報(2月19日)です!! あなたの興味ある情報はありますか? ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 2月
  4. 19日
  5. 3女優と女性監督、美女4人が華やかに登場!男性記者が思わずデートの申し込み?