シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジョニー・デップのサプライズ登場にL.A.で3,000人が大熱狂!『アリス・イン・ワンダーランド』イベント(1/2)

ジョニー・デップのサプライズ登場にL.A.で3,000人が大熱狂!『アリス・イン・ワンダーランド』イベント
ハリウッド&ハイランドセンター広場に突然登場したジョニー・デップにファンは大熱狂!

 19日(現地時間)、ルイス・キャロルが1865年に発表した「不思議の国のアリス」と、その続編「鏡の国のアリス」のヒロインであるアリスの新たな冒険を、ティム・バートン監督が描くファンタジー『アリス・イン・ワンダーランド』のファンイベントがロサンゼルスで行われ、ジョニー・デップがサプライズ登場した。

 この日、今まで未公開だった『アリス・イン・ワンダーランド』の15分のフッテージ映像をエル・キャピタン劇場で観ることができるファンは500人に限られる。抽選にはずれたあきらめ切れない3,000人を超えるファンたちが、屋外イベントの行われるハリウッド&ハイランドセンター広場に詰めかけた。ところが実は15分のフッテージ映像といわれていた『アリス・イン・ワンダーランド』は、完成版の3D上映だったことが後に観客へのサプライズとなる。

 イベントは夕方17時からスタート。ハリウッド&ハイランドセンター広場では、観客がアリスやマッドハッターなどのキャラクターに仮装し、会場は映画さながらのワンダーランの世界と化した。イベントが開始されると会場に設置されたスクリーンにバックステージでのキャストのインタビュー映像が次々流れ、最後にジョニー・デップとティム・バートン監督が映し出されると大歓声が沸き起こった。

 ジョニーは映像で、「僕はアリスをイラストレーションや音楽を通じて知ったところがあるから、アリスが多くのアーティストたちの想像をかきたてるキャラクターだということを素晴らしく思うよ」と述べ、自身が演じる役については、「マッドハッターは、もちろんキャロルの話に登場する素晴らしいキャラクターが元になっているのだけど、今回目指したのは、ものすごく大きな、極端な感情を持ったキャラクター。怒りも、悲しみも、自由も、とても激しく表現する。言ってみれば、ムードリングの人間版なんだ」と自身が創り上げていったキャラであることを教えてくれた。

 さらに映像上映の後に、MCの掛け声でティム・バートン監督がステージに登場。自らキャストをステージ上に呼び込むと、最後にジョニー・デップが登場。ジョニーの来場は観客に一切告知されていなかったため、観客からは悲鳴のような大歓声が沸き起こり広場は熱狂の渦と化した。

 さらに観客を驚かせたのは、この日は15分のフッテージ映像が上映される予定だった『アリス・イン・ワンダーランド』が完成版の3D上映だったということだ。このこともサプライズだったため本編鑑賞後の観客からは、「今までに観たことのない“アリス”と“マッドハッター”だった」「すばらしい! ティム・バートンはやっぱりすごい!」など大満足の様子だった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ジョニー・デップのマッドハッター from ゆとりOL日記 (2010年3月24日 20時59分)
    ジョニー・デップが会見「マッドハッターはかけ離れた役じゃない」 そういうけど、どうしてもジョニー・デップはパイレーツ・オブ・カリビアンのキャプテン・ジャック・スパロウのイメージが強すぎて・・・ジョニー・デップの作品の中では傑出してる気がするし ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 2月
  4. 21日
  5. ジョニー・デップのサプライズ登場にL.A.で3,000人が大熱狂!『アリス・イン・ワンダーランド』イベント