シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

戸田恵梨香、いきなり「バカだよねぇ」とののしられ、耳の鼓膜が破れそうになったことを告白

戸田恵梨香、いきなり「バカだよねぇ」とののしられ、耳の鼓膜が破れそうになったことを告白
撮影時の苦労を話す戸田恵梨香と松田翔太

 6日、TOHOシネマズ日劇3で映画『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』の初日舞台あいさつが行われ、戸田恵梨香、松田翔太、田辺誠一、吉瀬美智子、鈴木浩介、濱田マリ、そして松山博昭監督が登壇した。

 だまし合いのゲームに巻き込まれるバカ正直な大学生・神崎直を演じた戸田は、テレビドラマ放送時から、鈴木演じる“キノコ”から事あるごとに「バカだよねぇ」とののしられていたが、「あのセリフは台本になかった。いきなり耳の鼓膜が破れそうな大きな声で、本当に衝撃的だった」と告白。バカ呼ばわりされた際のリアクションは、演技ではなく素だったと語り、「もうバカって言われなくなるのでうれしい」と安どの表情だった。

 一方の鈴木は、「いや、絶対台本にあったはず。いきなり『バカだよねぇ』なんて意味がわからないじゃないですか」と自分を擁護。観客のリクエストに応え、おそらく最後となる「バカだよねぇ」の絶叫で、会場を沸かせた。

 この日は映画に登場する「エデンの園ゲーム」が502名の観客によって再現されたが、499名が赤りんごを、残り3名が金や銀のりんごを掲げ、ゲームは不成立。もし502名全員が赤りんごを掲げれば、特製ポストカードがもらえたとあって、裏切り者に対してブーイングが起こる場面も。天才詐欺師・秋山を演じる松田は、「赤りんごは絶対に揃わないと思った」とクールなコメント。戸田は「信じていたのでショック。やっぱり人間は恐ろしい」とバカ正直な素顔を見せた。

 『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』は巨額マネーをめぐるだまし合いの心理戦をスリリングに描いたテレビドラマ「ライアーゲーム」の劇場版。「ライアーゲーム シーズン2」最終回で、セミファイナルを勝ち抜いた11名が二転三転するだまし合いを演じる。

映画『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』は全国東宝系ほかにて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 3月
  4. 6日
  5. 戸田恵梨香、いきなり「バカだよねぇ」とののしられ、耳の鼓膜が破れそうになったことを告白