シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

おもしろイケメンモデルのJOY、映画イベント初登場で「相当ハピネス感じてる」とハイテンション!

おもしろイケメンモデルのJOY、映画イベント初登場で「相当ハピネス感じてる」とハイテンション!
相当ハピネス感じてる、JOY

 イケメンモデルでありながら、お笑い芸人顔負けのトークで大ブレイク中のJOYが10日、渋谷シアターTSUTAYAで行われた映画『フィリップ、きみを愛してる!』のイベント試写会に登場した。JOYにとって、映画イベントへの登場は初めて。ジム・キャリー演じる主人公と同じオレンジ色の囚人服に身を包み、「映画の応援隊長なんて、人生でなかなかもらえる肩書きじゃない。相当ハピネス感じてる」と気合い十分だった。

 若者に絶大な人気を誇るファッション誌「men's egg」で歴代最長となる7年間、モデルとして活躍し、ファッションショーにも数多く出演しているJOYは、その卓越したトーク力を武器に、現在はバラエティー番組に引っ張りダコの多才なイケメンモデル。テレビで披露する変顔も評判だが、そのルーツは何と、ジムにあるという。「若いころからテンションや性格が、ジムに似てるって言われている。顔面の筋肉の柔らかさは負けられない」とJOY。何でも実の父親がジム似らしく、かなりの親近感を抱いている様子だった。

 そんなJOYは19歳のとき、仕事もせず毎日彼女と会ってばかりの生活を送っていたんだとか。すると見かねた親がJOYを自宅に監禁。自動車のカギも没収されてしまったという。「何とか家から抜け出して、彼女の家まで歩いていって、抱きしめました」と映画さながらの愛の脱走劇を実行したJOYだったが、「その一週間後に破局しましたけど(笑)」としっかりオチをつけることも忘れなかった。

 本作はIQ169を誇る天才詐欺師スティーヴン(ジム)が、一目ぼれしてしまった心優しきフィリップ(ユアン・マクレガー)に、たった一言「愛してる!」と告げるためだけに詐欺と脱獄を繰り返すという一風変わったラブストーリー。実話がベースになっており、主人公のモデルである実在の詐欺師スティーヴン・ラッセルは、167年の懲役を科せられ、現在もテキサスの刑務所に収監されている。

映画『フィリップ、きみを愛してる!』は3月13日より新宿ピカデリーほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 3月
  4. 10日
  5. おもしろイケメンモデルのJOY、映画イベント初登場で「相当ハピネス感じてる」とハイテンション!