シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アカデミー賞事件簿 受賞スピーチ妨害の真相【第82回アカデミー賞】(1/2)

アカデミー賞事件簿 受賞スピーチ妨害の真相
プロデューサーのエレノア・バーケットとロジャー・ロス・ウィリアムズ監督 - Richard D. Salyer / (C) A.M.P.A.S.

 3月7日(日本時間8日)に開催された第82回アカデミー賞授賞式の視聴率が、2005年以来の高い視聴者数であったことが発表されたが、アメリカだけでなく、世界中の視聴者が授賞式で不思議に思った受賞スピーチの舞台裏が明らかになった。

 そのハプニングが起こったのは、キャリー・マリガンとゾーイ・サルダナがプレゼンターを務めた短編ドキュメンタリー賞の受賞時のこと。ゾーイにより、受賞映画『ミュージック・バイ・プルーデンス(Music by Prudence)』(原題)のタイトルと、ロジャー・ロス・ウィリアムズ監督とプロデューサーのエレノア・バーケットの名前が読みあげられ、ウィリアムズ監督がうれしそうにステージへ向かうときだった。

 紫のドレスを着たバーケットは通路側に座っている人物のせいで客席から出られない様子。そのせいで時間がなくなりステージ上で、一足先にオスカー像を手にしたウィリアムズ監督が感謝のスピーチを始めたときにいきなり、バーケットが横から乱入しマイクを奪うという事態になった。バーケットは取り上げたマイクで映画に出演したジンバブエのバンド「リヤーナ」の曲から参照したメッセージと、映画の裏に描かれている真実を知ってほしいと訴えたが、観客や視聴者は横からマイクを奪ったバーケットに唖然(あぜん)とするばかりだった。

 今回の事件は、昨年9月に開催されたMTVビデオ・ミュージック・アワードで、最優秀女性アーティスト・ビデオ賞を受賞したテイラー・スウィフトの受賞スピーチときに、泥酔したカニエ・ウェストがスピーチを妨害した事件と似ていることから、「カニエ・モーメント(カニエ・ウェスト的瞬間)」としてアメリカ国内の複数のメディアは評している。

 ウィリアムズ監督とバーケットの両氏が、Salonに対して語ったところによると、ウィリアムズ監督とプロデューサーのバーケットは、オスカーを受賞した映画『ミュージック・バイ・プルーデンス』(原題)の方向性に関して対立しており、裁判沙汰にまでなったとのこと。ウィリアムズ監督によれば、バーケットは1年近く前に、同作の製作から追い出され、プロデューサーの職をクビになっている。

 そのため、アカデミー賞以外の授賞式ではバーケットは招待も連絡もされず、激怒していたそうだ。だから、アカデミー賞ではバーケットも作品の関係者としてノミネートのリストには入ったものの、授賞式の開催側から1名のみが受賞スピーチを行えると通達されていたことから、ウィリアムズ監督は監督である自分が受賞スピーチを行うものだと考えていた。バーケットとウィリアムズ監督は誰が受賞スピーチを行うか事前に相談せず、受賞が決まり、バーケットは先に受賞スピーチを始めた監督に追いつこうとしたが、通路側に座っていた監督の母親の身体と杖によって妨害され、急いでステージへ迎えなかったとしている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 第82回アカデミー賞、宴のあとは!? from ミステリ通信 創刊号 (2010年3月9日 22時57分)
    興奮と歓声、そしてサプライズに満ちた一日が終わりました―――第82回アカデミー賞。 それは、ビッグタイトル。 当然、背景には様々な出来事が起こっていました。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 3月
  4. 9日
  5. アカデミー賞事件簿 受賞スピーチ妨害の真相