シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

早くも『アバター』超え!『アリス・イン・ワンダーランド』が記録を更新!勝因は女性客 -3月9日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

早くも『アバター』超え!『アリス・イン・ワンダーランド』が記録を更新!勝因は女性客 -3月9日版
映画『アリス・イン・ワンダーランド』より - (C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

 日曜日にアカデミー賞授賞式が放映され、映画館の観客動員数に多少影響が出るかと思いきや、そんなことはまったくなく、ティム・バートン監督の待望作映画『アリス・イン・ワンダーランド』が封切り週末3日間で今年の週末記録を塗り替える1億1,610万ドル(約104億4,900万円)をたたき出して全米ナンバーワン映画に輝いた。(1ドル90円計算)

 『アリス・イン・ワンダーランド』は3,728館・7,400スクリーンという超大型公開。そのおかげもありバートン監督過去の作品と比べてもダントツの売り上げを示しており、監督の歴代記録である2001年の映画『PLANET OF THE APES 猿の惑星』の封切り週末興行収入6,850万ドル(約61億6,500万円)をはるかにしのぐ成績となっている。そして興行収入の約70パーセント、売り上げにして8,000万ドル(約72億円)超が3D上映からの収入となっており、『アバター』が保持していた封切り週末の3D興行収入記録であった5,500万ドル(約49億5,000万円)をあっという間に更新する形となった(ちなみに、『アリス・イン・ワンダーランド』は3D上映館が2,251館であるところ、『アバター』はやや少な目の2,038館だったという上映館数の差がある)。

 また、『アリス・イン・ワンダーランド』は、IMAXの上映でも新記録を打ち立てており、188館のIMAX上映で1,190万ドル(約10億7,100万円、興行収入トータルに込み)という興行成績を上げている。

 ディズニーが取った統計によれば、映画を観に来ていた39パーセントは親子連れで、36パーセントはカップルだった。性別で見ると、女性の方がちょっと多く55パーセント、そして54パーセントは25歳以下の観客だったという結果が出ている。

 今週の第2位は、犯罪サスペンス映画『ブルックリンズ・ファイネスト』(原題)で1,335万ドル(約12億150万円)の売り上げ。1,936館・2,300スクリーンにて公開された本作は、ドン・チードル、ウェズリー・スナイプスというやり手の黒人男優が出演しているだけあり、配給会社オーヴァチャー・フィルムスの調べによると60パーセントは黒人客で、52パーセントは女性であるという統計が出た。

 第3位は、2週連続ナンバーワンから転落してしまった『シャッター アイランド』の1,323万ドル(約11億9,070万円)で41.6パーセントの降下率。とはいうものの、公開17日目にしてすでに9,580万ドル(約86億2,200万円)を稼ぎ出しており、1億ドル(約90億円)超えも時間の問題となっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 3月
  4. 10日
  5. 早くも『アバター』超え!『アリス・イン・ワンダーランド』が記録を更新!勝因は女性客 -3月9日版