シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

裕木奈江、笑顔で登場!イーストウッド監督、デヴィット・リンチ監督とボイル監督の撮影現場の違い語る

裕木奈江、笑顔で登場!イーストウッド監督、デヴィット・リンチ監督とボイル監督の撮影現場の違い語る
裕木奈江と渡辺広−大阪アジアン映画祭

 3月10日から14日まで大阪市内で開催中の大阪アジアン映画祭でアメリカで女優活動を続ける裕木奈江と『硫黄島の手紙』の渡辺広が主演したデイヴ・ボイル監督作映画『ホワイト・オン・ライス』が初上映され、デイヴ・ボイル監督、裕木奈江、渡辺広が舞台あいさつに登壇した。

 本作は、バツイチ40歳男が結婚している妹の家に転がり込んだことから巻き起こる騒動と、個性的な日系アメリカ人の姿を描いたコメディー。

 アメリカで女優活動を続ける裕木奈江は、白いワンピースで登場。クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』やヴビット・リンチ監督の『インランド・エンパイア』に出演経験のある彼女は、それらを撮っているときは、出番が短くても全部英語でプレッシャーが大きかったことを明かし、「『ホワイト・オン・ライス』は、日本人スタッフが多く監督も敬語が使えるぐらい日本語が上手なので、現場がストレスフリーで楽しめた」とやはり日本語が使える現場は仕事がしやすかったことを明かした。

 裕木の言葉どおり、デイヴ・ボイル監督は、流暢な日本語で「大阪で大歓迎を受けて、うれしいです。日本で上映するのは初めてなので、みなさんの反応を見るのが楽しみです」とあいさつした。

 また、渡辺広は白いカウボーイハットに白いジャケット姿で現れアメリカ生活が長いのでこんな格好です、と語るも「下はふんどしです。東急百貨店で買いました」とポロリ。裕木から「だから先に東京入りしたんですね」とつっこまれ、会場の笑いを誘っていた。

 なお14日まで開催される大阪アジアン映画祭では、黒澤明監督の傑作『七人の侍』に、もし八人目の侍がいたとしたらというユニークなアメリカ映画『八人目の侍』(提供:ラシャナル・エンターテイメント)が3月14日18時30分から特別上映される。入場は無料で本作『ホワイト・オン・ライス』主演の渡辺広も強面のプロデューサー役で出演、上映前に舞台あいさつで登場予定だ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 3月
  4. 14日
  5. 裕木奈江、笑顔で登場!イーストウッド監督、デヴィット・リンチ監督とボイル監督の撮影現場の違い語る