シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

余命わずかな花嫁…交際してから42年目にして同性結婚がかなった涙のカップル

余命わずかな花嫁…交際してから42年目にして同性結婚がかなった涙のカップル
『イーディー&シオ:ア・ヴェリィ・ロング・エンゲージメント / Edie & Thea: A Very Long Engagement』(原題)-感動のドキュメンタリー

 第24回ロンドン・レズビアン&ゲイ映画祭で、ドキュメンタリー映画『イーディー&シオ:ア・ヴェリィ・ロング・エンゲージメント / Edie & Thea: A Very Long Engagement』(原題)が、アンコール上映された。映画祭最終日となる現地時間3月31日は、クロージング作品を含む予定された作品のほか、映画祭中、人気の高かった作品が再上映された。その中の1本となった本作は、60年代に出合い42年目にして結婚式を挙げることとなるイーディーとシオを追ったもの。

 古いスライドを見る二人の老婦人イーディーとシオからはじまる本作は、若くスタイリッシュな60年代の二人からこれまでの記録部分と、最近の二人が交互に映し出される。記録を見ながら「あなたは今も出会ったころと同じに見えるわ」とお互いに言い合う二人に、変わらぬ愛と長い年月の両方が感じられて、温かい気持ちにさせられる。車椅子のシオをかいがいしく世話するイーディーは、シオの余命が短いことを知り、カナダの同性結婚式が挙げられる場所に、アメリカから向かう。二人が愛を育んでから42年目の結婚式のシーンでは、画面の二人や式参加者とともに、涙をぬぐう観客の姿も見られた。最後にテロップでシオが亡くなったことを知らされると、一層2人の結婚を祝福したくなる。

 本作の共同監督スーザン・ミュスカとグレタ・オラフスドッティーは、ヒラリー・スワンクがアカデミー主演女優賞を受賞した『ボーイズ・ドント・クライ』で演じた実在の人物、ブランドン・ティーナの事件を扱ったドキュメンタリー映画『ザ・ブランドン・ティーナ・ストーリー』(原題)でベルリン映画祭などでの受賞経験もある。1時間ほどの小品の本作でも、淡々と2人の女性を追っていきながら、そのゆるぎない愛を余すところなく伝えている。

 本映画祭の上映作品は、映画祭タイトル通り、同性愛に関連した作品となっているが、多くの人にアピールする理由は、同性愛が時代や国によってロミオとジュリエットばりの悲恋物語となったり、社会に受け入れられない自己という、同性愛者でなくとも共感できるテーマの作品が多いことにもありそうだ。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 4月
  4. 2日
  5. 余命わずかな花嫁…交際してから42年目にして同性結婚がかなった涙のカップル