シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

究極女性美!グラビア界の巨匠・野村誠一が初監督!美の表現にスチール、ムービーの区別なし!(1/2)

究極女性美!グラビア界の巨匠・野村誠一が初監督!美の表現にスチール、ムービーの区別なし!
これぞ野村誠一監督がとらえた日本女性の美しさ!-映画『ナチュラルウーマン2010』より

 宮沢りえ、南野陽子、石田ゆり子、中森明菜、矢田亜希子、ピンクレディーと名だたる女性たちの写真を撮り続け てきた野村誠一が、女性同士の恋愛を描いた映画『ナチュラルウーマン2010』で初監督に挑戦した。写真家でありながらなぜ今回、動画(ムービー)に 挑戦しようと思ったのだろうか? 野村監督に話を聞いてみた。

 野村監督は、実はかなりの映画好きで、「昔から映画をたくさん観ていた し、映画監督になりたい、という思いはあった」と意外な答えが返ってきた。しかし、その思いの延長線上に、写真家になったきっかけがあるという。「ムー ビー、スチール、と区別するのではなく、スチールが動いているのがムービーであり、動いていても人間の脳裏に残像として定着するのはスチールだと思う。つ まり、ムービーの中にスチールの美しさや鮮烈さが存在するのだと考えている」とグラビア界の巨匠らしい映像哲学を語ってくれた。

 今回、野村監督が手掛けたのは、1994年に一度映画化もされている、松浦理英子の小説「ナチュラル・ウーマン」の再映画化だ。女性同士が絡むベッドシーンもある本作では、女性の美を撮り続けてきた写真家・野村誠一の腕も鳴ったはず。

  しかし意外なことに、数多くの女性たちの美を引き出してきた野村監督にも、女性の美の定義において明確なものはないという。それでも野村監督が今、一番美 しいと思うのは、日本の女性だと、日本女性にとってはうれしい発言をしてくれた。「例えば西洋の女性は、写真に撮られたときの表情にこびが感じられない。 大抵いつも堂々としていて、表情に自己主張の強さが現われている。それはそれで美しいのだけど、最近、日本人女性特有の奥ゆかしさや、礼儀正しさ、恥じら いなどの内面が表情に現われているところが、日本の女性の美しさだと感じている。このような日本女性性は、現代社会で忘れられつつあったけれど、このとこ ろの時代劇ブームなどで、再び日本独自の女性性が見直されていくのではないかと思う」と野村監督だからこその深みのある言葉で語ってくれた。

  本作でも、女性同士の恋愛という、今の日本にとってはまだまだ大胆ととらえられるであろう設定の中に、野村監督の言う日本女性特有の美が描かれているのだ ろうか? これまたグラビア界の巨匠、サンズエンタテインメントの野田義治社長が見出した期待の大型新人としてデビューした亜矢乃の美 を、どこまで野村監督が引き出したのか、その手腕に注目したい作品だ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 中森明菜 急病 from ヘルシーパパのブログ (2010年10月27日 9時35分)
    中森明菜 急病 中森明菜も45歳なんですね。クリスマスディナーショーをキャンセルというニュースを見てびっくりしました。一時は中森明菜自殺報道までだされた事もありましたね。 中森明菜さんは芸能活動を精力的にこなすように、健康面や美容面に気を使っていたと思い.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 矢田亜希子のドラマ復帰よりコノ週刊誌だよ。 from http://blog.oricon.co.jp/netsurf/ (2010年5月21日 0時39分)
    矢田亜希子がドラマ復帰するからネットを見てみると、その事が取り上げられているらしいです、、、 矢田亜希子の復帰会見の動画をYouTubeで見たけどカワイイ~ なんとなく、どうにも最近 この週刊誌に出てる矢田亜希子に興味があるんですよね。  ↓ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 4月
  4. 20日
  5. 究極女性美!グラビア界の巨匠・野村誠一が初監督!美の表現にスチール、ムービーの区別なし!