シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『アイアンマン2』のオリヴィア・マン、サーカスのゾウ虐待を訴えオールヌードに

『アイアンマン2』のオリヴィア・マン、サーカスのゾウ虐待を訴えオールヌードに
オリヴィア・マン - Frazer Harrison / Getty Images

 映画『アイアンマン2』に出演しているオリヴィア・マンが、PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)のビルボードにオールヌードで登場した。

 WENNによると、オリヴィアのポスターはロサンゼルスのウィルシャー大通りに設置されており、一糸まとわぬオリヴィアの背景には自然の中で過ごすゾウが写っている。ポスターには、「生まれたままの姿に。ゾウの解放を。サーカスをボイコットしましょう」とのメッセージが書かれている。

 オリヴィアはサーカスでゾウが虐待されている様子を映したPETAのビデオを観て涙を流し、今回のキャンペーンに力を貸すことにしたとのこと。PETAの広告でセレブがキャンペーンに注目を集めるために脱ぐのは良くあることだが、「毛皮を着るくらいなら裸のほうがいい」というキャンペーンならまだしも、サーカスのゾウを解放させるために脱ぐ必要はあるのだろうか。オリヴィアは映画『スター・トレック』のクリス・パインとの交際が報じられている女優。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 4月
  4. 28日
  5. 『アイアンマン2』のオリヴィア・マン、サーカスのゾウ虐待を訴えオールヌードに