シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ナオミ・ワッツ、パートナーとの別れ話はただのうわさ!新作映画のインタビューで彼を絶賛!(1/2)

ナオミ・ワッツ、パートナーとの別れ話はただのうわさ!新作映画のインタビューで彼を絶賛!
ナオミ・ワッツ - Photo:Nobuhiro Hosoki

 映画『キング・コング』や『イースタン・プロミス』などでおなじみのナオミ・ワッツが、Tribeca Film Festival(トライベッカ映画祭)に出展している新作映画『マザー・アンド・チャイルド/Mother and Child』(原題)のインタビューの中で、自らの母親としての体験を語り、パートナーであるリーヴ・シュレイバーをたたえた。

 映画『マザー・アンド・チャイルド/Mother and Child』(原題)は、35年前、少女時代に生んだ娘を里子に出した母親(アネット・ベニング)と、その娘(ナオミ・ワッツ)、そして養子を求める黒人女性(ケリー・ワシントン)の3人の女性を軸に描く感動のドラマ作品だ。ナオミはエリザベスという役で、世間をどこか冷めた目で見ていた女性が、妊娠することで変わっていく様子を演じた。

 現在二人の息子を持つナオミは、「わたしは、妊娠している状態が好きなの! 妊娠しているときこそ、自分の強さとエネルギーを感じるから。二人目の子どもを妊娠したときは大変だったけど。一人目の息子のベビーカーを押しながら二人を妊娠していたのよ。だから、ゆっくり休んでいる暇も無かったわ」と自身の妊娠中の体験を語った上で、「ただ、そのときは自分の体力に驚いたの。母親として力強く生きていると感じたわ」と彼女自身が妊娠、出産によって、母親としての成長を実感したことを明かした。その経験は、エリザベスを演じる上で役立ったようで、「今回わたしが演じたエリザベスは、常に自分の人生をコントロールしてきた役なの。だから、妊娠したときのショックは大きかったと思うのよ。でも、おなかの中の子どもの成長を見ていくうちに、女性として成長し、冷淡だった彼女が感情的にもなっていくのよ」とエリザベスという役柄を十分理解して撮影に臨めたことを語った。

 本作で、ナオミの恋人役を演じるのはサミュエル・L・ジャクソンだ。タフなイメージの強いサミュエルが、ラブシーンもある繊細な役を演じている。「サミュエルと脚本の読み合わせをした後、次に会ったときには、わたしは彼の上に乗っていた(彼とベッドシーンの撮影をしていた)のよ! 何だか不思議な感じだったわ……(笑)。ただ、彼ほど相手を落ち着かせて、親切に接してくれる俳優は少ないと思ったわ。本当に素晴らしかったの。ただ、脚本を読んだときは、恋人役としてのイメージがわかなかったわ。ちょっと変わったキャスティングだと思ってしまったくらいなの……(笑)。でも、彼は見事にイメージを覆す演技を見せてくれたわ。わたしはこの映画に参加して本当に良かったと思ったの。彼は、知的で洗練された俳優で、共演できて本当に楽しかったわ!」とサミュエルの新境地に太鼓判を押していた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 韓国「少女時代」の修正詐欺がバレた! 修正前のヒドイ顔<画像あり> | from Today's News なう (2010年9月21日 15時6分)
    不細工・顔デカ・O脚。 骨格レベルの不細工で、特に左から三番目なんか北京原人だと言われるほどww ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 4月
  4. 29日
  5. ナオミ・ワッツ、パートナーとの別れ話はただのうわさ!新作映画のインタビューで彼を絶賛!