シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ラッセル・クロウ、激怒してラジオインタビューを途中退席!『ロビンフッド』での演技を批判

ラッセル・クロウ、激怒してラジオインタビューを途中退席!『ロビンフッド』での演技を批判
ラッセル・クロウ - Vera Anderson / Getty Images

 映画『ロビンフッド』で主役を演じているラッセル・クロウが、怒って英ラジオインタビューを途中退席するハプニングがあった。

 WENNによると、BBCラジオ4番組「フロント・ロー」の司会者マーク・ローソンは、「君が演じたロビンフッドは、ときどきアイリッシュ・アクセントでしゃべるけど何を考えてああいうアクセントを使ったんだ?」とラッセルに質問。イギリス・アクセントで演技をしていたというプライドのあるラッセルはこの質問に憤慨し、「お前の耳はおかしいんじゃないか? あれがアイリッシュ・アクセントに聞こえるなら、お前の耳は変だ」と言い返した。

 司会者はラッセルの反応を見て話を変えようとしたが、ラッセルはそのまま続け、「あのキャラクターにアイリッシュ・アクセントがあると感じたなんて信じられないけど、まあこれは君の番組だから好きにすればいいさ」と、投げやりに。司会者は、ロビンフッドが育ったと言われる北イングランドあたりのアクセントにしようとしたのかと聞くと、「違う! おれはイタリアン・アクセントでやろうとしたんだよ。気づかなかったのか!? クソッタレ!」と、皮肉を言いながらスタジオから出て行ってしまったという。

 出て行く途中でもラッセルは「アイリッシュなまりが聞こえるなんて、何を言っているか理解できないよ」と自分の演技が批判されたのがとにかく気に入らないようだ。以前からカッとなりやすいことで知られるラッセルだが、事件を起こしてショーン・ペンのように怒りを静めるためのカウンセリングを言い渡されないといいが。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ロビン・フッド - 12月10日(金)劇場公開! from 映画批評OX (2010年10月16日 10時45分)
    <作品解説>伝説の義賊・ロビン・フッドの物語を、「グラディエーター」のリドリー・スコット&ラッセル・クロウの黄金コンビが手掛ける歴史スペクタクル大作。共演者には『ベンジ.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:ロビンフッド 運命的にヒーローになる男の姿。すぐにでも続きが見たい(笑) from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2010年9月7日 4時32分)
    2時間20分もあるというので、実は、ちょっと焦っていた。 (最近、ちょっと根性ない) のだが、 始まって早々に悟る。 リドリー・スコット印で「つまらない訳ないじゃない」と! ストーリー構成が見事。 物語を紡ぐベースとなる「脚本」 これと、「演出」が絶妙に絡み合っていく。 そうなると、「ロビンフッド」がじわじわじわじわ「リアルな男」になっていく。 ぐいぐいと、主人公が「運命的に」かかわっていかざるえない状況が描かれている。 しかも、その展開は「運命的に巻き込まれ」つつ、「死んでも譲れない」状況に立ち向 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 17日
  5. ラッセル・クロウ、激怒してラジオインタビューを途中退席!『ロビンフッド』での演技を批判