シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

原子力発電所建設反対!28年間反対を続ける町民を追ったドキュメンタリー映画が公開!

原子力発電所建設反対!28年間反対を続ける町民を追ったドキュメンタリー映画が公開!
原発反対!-映画『祝(ほうり)の島』より - (C) ポレポレタイムス社

 6月19日より、28年間にわたり原子力発電所建設に反対を続ける島民たちの姿を追うドキュメンタリー映画『祝(ほうり)の島』が公開されることがわかった。この映画の舞台は、瀬戸内海有数の漁場、周防灘と伊予灘の間に位置する山口県熊毛郡上関町にある、周囲12キロメートル、面積7.67平方キロメートルの小さな島、祝島(いわいしま)だ。

 関西と九州の国東半島を結ぶ最短の航海上にあり、奈良時代から海上交通の要衝となる寄港地であったこの島は、豊かな海への感謝をささげる神官の祝(ほうり)がいたとされ、神霊の島と言われてきたという。その島の対岸4キロにあたる田ノ浦に、1982年から原子力発電所建設計画が持ち上がり、祝島では住民の9割が反対を表明、28年を経た今も、島をあげての原発建設反対運動を続けている。

 本作が監督デビュー作となる纐纈あや監督は、2003年にこの島を訪れた際、「なぜ、彼らは長い間反対運動を続けながらも、明るく暮らしていけるのだろう?」と疑問を持ち、本作の制作を決めたそうだ。そして、空き家を借り、寝泊りをし、島民の暮らしに寄り添った撮影を始めたという。

 人口512人(2009年5月末現在)、その70%が65歳以上という深刻な高齢化、過疎化の問題も抱える祝島。その島で、28年も巻き起こっている原子力発電所建設問題を、現地の暮らしに密着してとらえた本作は、もう一度核について、わたしたちの暮らしについて考える機会を与えてくれることだろう。

映画『祝(ほうり)の島』は6月19日よりポレポレ東中野(東京)、横川シネマ(広島)にて公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 20日
  5. 原子力発電所建設反対!28年間反対を続ける町民を追ったドキュメンタリー映画が公開!