シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

カンヌ国際映画祭、ティム・バートンの審査委員長の選考ポイントは「ファンタジー要素」【第63回カンヌ国際映画祭】(1/2)

カンヌ国際映画祭、ティム・バートンの審査委員長の選考ポイントは「ファンタジー要素」
コンペ作はどれもすばらしい作品。果たしてその監督の最高作かが問われる-ティム・バートンの審査委員長 - Photo:Harumi Nakayama

 第63回カンヌ国際映画祭コンペティション部門の審査委員長を務めたティム・バートン監督ら9人の審査員が現地時間23日、会見を行った。バートン監督は最高賞のパルム・ドールにタイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督『アンクル・ブンミ・フー・キャン・リコール・ヒズ・パスト・ライブス』(英題)に与えた理由について「世界はより小さく、より西洋的で、ハリウッド的になっていると感じる。でもこの映画は私が見たこともない、ファンタジーの要素があり、それは美しく、奇妙な夢を見ているようだった」とほかの作品にはない独創的な世界に心奪われたことを明かした。

 『アンクル・ブンミ・フー・キャン・リコール・ヒズ・パスト・ライブス』(英題)は、ウィーラセタクン監督が自身の短篇『ブンミおじさんへの手紙』を基にしたファンタジーストーリー。タイの山間に住むブンミおじさんのもとに、ある日突然、亡くなった妻と行方不明になっていた息子が帰って来るのだが、息子の姿が類人猿という新種のクリーチャーに生まれ変わっていたという大胆な発想が見る者に驚きを与える。そして彼らは病に苦しむブンミおじさんを迎えに来たかのように、おじさんと共に再び姿を消す。実は今年のコンペ作はケン・ローチ監督『ルート・アイリッシュ』(原題)とダグ・リーマン監督『フェア・ゲーム』(原題)がイラク侵攻問題、ラシッド・ブシャレブ監督『アウト・サイド・オブ・ロー』(英題)がアルジェリア独立問題に絡んだ報復劇など戦争やテロを題材にした作品が多かった。ヤクザの抗争劇を描いた北野武監督『アウトレイジ』しかりだ。そんな中で幻想的に、タイの歴史問題をにおわす『アンクル・ブンミ~』は異彩を放っており、ファンタジーの鬼才バートン監督好みの作品と言える。受賞の瞬間にはプレスからも拍手喝采が沸くという、美しい光景が見られた。

 また今年のコンペ作19本には、マイク・リー監督、ケン・ローチ監督、北野武監督、アッバス・キアロスタミ監督といった世界の映画祭で数々の賞を受賞してきた巨匠たちの名が並んだ。彼らの新作は決して出来が悪いワケではないのだが、彼らの最高傑作とは言い難い。その場合、せっかく賞をあげるのならばと、フラッシュな才能に授与する傾向にある。優秀監督賞を受賞した、『オン・ツアー』(英題)のマチュー・アマルリック監督がその代表だ。優秀男優賞のスペイン俳優ハビエル・バルデムと優秀女優賞のジュリエット・ビノシュはこれまでの功績を合わせての功労賞的意味合いもあると思うが、彼らにしてもカンヌでの受賞は初めてだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 24日
  5. カンヌ国際映画祭、ティム・バートンの審査委員長の選考ポイントは「ファンタジー要素」