シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

クリスチャン・ベイル、ジョン・ヒルコート監督のアクション映画へ出演か?

クリスチャン・ベイル、ジョン・ヒルコート監督のアクション映画へ出演か?
クリスチャン・ベイル

 映画『ターミネーター4』のクリスチャン・ベイルが、オーストラリア出身の監督ジョン・ヒルコートの新作映画への出演交渉中であることが明らかになった。これは、『モーテル』の脚本家マーク・L・スミスが、映画サイトBloody Disgustingのインタビューで明らかにしたもので、ヒルコート監督がメガホンを取り、スミスが脚本を執筆する新作映画『ザ・レヴァナント』(原題)の主演俳優としてクリスチャンが出演交渉中であるとのこと。同作は、時代物の映画となり、詳細は明らかにされていないが復讐を描くアクションだそうだ。

 映画『亡霊の檻』『プロポジション 血の誓約』を監督してきたヒルコート監督は、コーマック・マッカーシーの小説を映画化した『ザ・ロード』で高い評価を得ている。『ザ・ロード』には、ヴィゴ・モーテンセン、ロバート・デュヴァル、シャーリーズ・セロン、ガイ・ピアース、コディ・スミット=マクフィーが出演し、日本では今夏公開予定だ。

 脚本家のスミスは、本作のほかに、シドニー・ルメットと共同で脚本を執筆する『トラブル』(原題)と、フランス映画『マーターズ』のハリウッドリメイク版の脚本も執筆しているとのこと。『トラブル』(原題)に関しては明らかにされなかったが、リメイク版『マーターズ』は『ニュームーン/トワイライト・サーガ』のウィク・ゴッドフリーがプロデュースする。『マーターズ』は、少女時代に監禁された女性による復讐を描いたフレンチホラーで、オリジナル版は新鋭パスカル・ロジェ監督がメガホンを取り、モルジャーナ・アラウィとミレーヌ・ジャンパノイという2人の美女が主演を務めた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 韓国「少女時代」の修正詐欺がバレた! 修正前のヒドイ顔<画像あり> | from Today's News なう (2010年9月21日 15時6分)
    不細工・顔デカ・O脚。 骨格レベルの不細工で、特に左から三番目なんか北京原人だと言われるほどww ...[外部サイトの続きを読む]
  • Sci-Fi女王グロウボット:ターミネーターを科学する from ターミネーター サラ コナー クロニクルズは日本人が救おう! (2010年7月19日 2時42分)
    Sci-Fi(SF)系の情報を集めたサイト:Multipleverses.comというのがあるのですが、そのサイトでおこなった、Hottest Stars in SciFi 2010(ホットな/イケてるSF系スター)の人気投票(5000人)でサマー・グロー他、ターミネーター出演者が上位を占め、Sci-fi界における「ターミネーター」という作品の価値や人気がいまだ高いことがうかがえる結果が出ており、おもしろいものがあります。 参考:[Multipleverses.com]サマー・グローは欧米圏では一般的にグ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 28日
  5. クリスチャン・ベイル、ジョン・ヒルコート監督のアクション映画へ出演か?