シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

キルスティン・ダンスト、窃盗事件で再び証言台へ

キルスティン・ダンスト、窃盗事件で再び証言台へ
キルスティン・ダンスト - Will Ragozzino / Getty Images

 2008年に公開された映画『ハウ・ツー・ルーズ・ア・フレンド・アンド・エイリアネイト・ピープル』(原題)を撮影していたマンハッタンのSoHoグランドホテル内で起きた窃盗事件の再審議が行われ、キルスティン・ダンストが証言台に立った。

 キルスティンは昨年9月にも証言台に立ち、部屋に置いてあった現金2,000ドル(約18万円)が入ったバレンシアガのバッグ(約18万円)が盗まれたと証言。後日、バッグとサイフ、クレジットカードはマネージャーの元へ送り返されてきたが「現金、サングラス、リップクリームは戻ってこなかった」と語った。この裁判で犯人のジェイムズ・ジメネズは不法侵入で有罪となったものの、窃盗については陪審員の意見がまとまらず評決が不成立となり、裁判のやり直しがされることとなった。今度こそ窃盗でも有罪となり、キルスティンもこの事件に終止符を打ちたいと考えているに違いない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 6月
  4. 3日
  5. キルスティン・ダンスト、窃盗事件で再び証言台へ