シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

本木雅弘、10歳のまな娘内田伽羅の映画に「映像の美しさ願う」

本木雅弘、10歳のまな娘内田伽羅の映画に「映像の美しさ願う」
父親、本木雅弘似!? 内田伽羅 - (C) 2010 科学技術振興機構(JST) 日本科学未来館・TBSビジョン

 現在公開中の映画『FURUSATO-宇宙からみた世界遺産-』で本格的に女優デビューを果たした俳優・本木雅弘の10歳になる長女・内田伽羅の魅力について、本作で構成を担当した映画『おくりびと』の小山薫堂が語った。

 内田のナレーション収録に立ち会った小山は、「すごくきれいな発音で、大人びていた。引きつける何かがありますね。表現力とかではない魅力なんですよね」とべた褒め。とりわけ英語のナレーションには、「キュンとしてしまう。恋をしてしまうというような」と驚きを隠さない。英語のナレーションは海外マーケット用なので日本では未公開だが、日本人離れしている内田には「世界デビューしてもらいたい。名前も伽羅だけでいいじゃないですか(笑)」と夢を膨らませていた。

 そして、『おくりびと』の盟友ともいえる本木とも言葉を交わしたことを明かし、「『とにかく映像がきれいなことを願っています。やっぱりこういう映画は映像の美しさだと思うんですよね』ということを言われましたね」と本作の見どころである最新テクノロジーを駆使した撮影技術に言及した。

 また内田と本木の似ているところについては、「静かなる力強さというか、大げさではないお芝居というんですかね。存在というか、芝居しているのかしていないのかわからないとこはありますけど」と形容する言葉がうまく見つからない様子ながらも、親子ならではの何かがあることを認めた。

 本木の娘である内田の出演は意外にも、小山が脚本を書き、第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画『おくりびと』のつながりではなく本当の偶然だそうで、「偶然が連鎖して必然になるというような、奇跡のキャスティングです」と出会いの巡り合わせに感銘を受けているようだった。

 映画『FURUSATO-宇宙からみた世界遺産-』は、ニュージーランド、エジプト、日本の3か国にある自然や文化遺産を舞台に小山が地球という星とそこに住む人々への共感を込めたオリジナルストーリーを書き下ろした作品。

映画『FURUSATO-宇宙からみた世界遺産-』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 6月
  4. 24日
  5. 本木雅弘、10歳のまな娘内田伽羅の映画に「映像の美しさ願う」