シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

川島海荷、初のキスシーンの感想にはにかむ!「すてきな仕上がりになっていました」

川島海荷、初のキスシーンの感想にはにかむ!「すてきな仕上がりになっていました」
カルピスのCMでおなじみ! 浴衣姿もかわいらしい川島海荷

 4日、東商ホールにて、映画『私の優しくない先輩』の公開前特別プミレア試写会が行われ、ダブル主演の川島海荷、金田哲(はんにゃ)、児玉絹世、山本寛監督が浴衣姿で登壇。目前に迫った七夕にちなんで笹の葉に願いごとをささげた。

 「ハデ目な色づかいで気に入ってます」というピンクのかわいらしい浴衣で登場した川島は、初のラブコメ作品ということで、撮影前は緊張していたと言う。「ヘン顔のシーンが多いのですが、とにかくリハーサルで自分の顔が動かないことに気づいてあせりました。でも金田さんに顔芸を教わったりして、だんだんと、表情が豊かになっていきました」と言うと、会場からは金田にヘン顔を求める雰囲気に。ためらいを見せながらも、金田はその要望に応えヘン顔を披露し、会場内を和ませていた。

 また途中では、七夕にちなんで登壇者それぞれが、短冊に願いを書いて、笹の葉につるしたのだが、川島が「花火大会に浴衣で行く」と書いたことを披露すると、満面の笑顔で金田が「やべぇ、それじゃあおれの願いと一緒にかなっちゃうね」と“ウミたんとデートできますように”という願い事を川島に見せると「イヤイヤ困りますよ」とやわらかく完全否定!? していた。

 舞台あいさつ後に行われた囲み取材では、初となるキスシーンに対し、川島は「とても不安で緊張したけど、完成した映像を見たら、すてきなシーンになっていたので、とてもよかったです」とさわやかに話すと、金田は「ぼくの方が緊張しましたよ。本当に前日は予行演習を何度もしたし、当日は歯磨き6回以上に、エアキスも何回もしたんですから」と周囲を引かせる!? ようなコメントで川島の失笑を浴びていた。

 最後に川島が「この映画はただのラブコメじゃなく、友情だったり家族愛だったりが描かれているすてきな映画です」と力強くアピールすると、監督の山本も「若い世代に向けて作った映画です。ぜひ多くの若者に見てほしい」と締めくくった。

 本作は、高校生の耶麻子(川島海荷)が、憧れの先輩に気持ちを伝えることができず悩んでいるところを、苦手な不破先輩(金田哲)に見つかり、強引に「告白大作戦」に巻き込まれる姿を描いたキュートな青春ラブストーリー。

映画『私の優しくない先輩』は7月17日よりバルト9、新宿武蔵野館ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 7月
  4. 4日
  5. 川島海荷、初のキスシーンの感想にはにかむ!「すてきな仕上がりになっていました」