シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『インセプション』4週トップならず!コメディー新作『ジ・アザー・ガイズ』が首位に決定 -8月9日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『インセプション』4週トップならず!コメディー新作『ジ・アザー・ガイズ』が首位に決定 -8月9日版
「やったなマーク!」「コンビを組んで良かったよ!」-『ジ・アザー・ガイズ / The Other Guys』(原題)出演のウィル・フェレルとマーク・ウォールバーグ - Alexandra Wyman / Getty Images

 マーク・ウォールバーグと人気コメディー俳優ウィル・フェレルの珍コンビが繰り広げる刑事コメディー映画『ジ・アザー・ガイズ / The Other Guys』(原題)が3,554万ドル(約31億9,860万円)をたたき出し、3週連続トップだった映画『インセプション』を押しのけた。(1ドル90円計算)

 『ジ・アザー・ガイズ / The Other Guys』(原題)は、刑事コメディーという特殊ジャンルにしては非常に優秀な出だしで、先日公開されデビュー週末の成績が1,821万ドル(約16億3,890万円)だったブルース・ウィリス主演映画『コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら』と比べても上出来。正統派マークとおとぼけウィルという毛色の違うでこぼこコンビが初めてコメディーで競演! というPR作戦が功を奏したと思われる。配給のソニー・ピクチャーズによると、週末同作品を観に来ていた観客の56パーセントが男性で55パーセントは25歳未満の観客だったという統計が出ている。

 今週第2位は、惜しくも4週連続第1位の座を逃した『インセプション』で1,851万ドル(約16億6,590万円)の成績。ワンランクダウンしてしまったものの、大作SFがらみの作品にしてはかなり低い降下率32.7パーセントを示しており、封切り4週目の映画にしては珍しい持続力を見せ続けている。

 第3位は、初登場の映画『ステップ・アップ3D / Step Up 3-D』(原題)で1,581万ドル(約14億2,200万円)。ストーリー性よりも、新しいダンス動作を紹介することで話題を呼んだ映画『ステップ・アップ』は、以来ブランド・ネームとなり、映画『ステップ・アップ2:ザ・ストリート』、そして今回の『ステップ・アップ3D / Step Up 3-D』(原題)とシリーズ化した。だが、『ステップ・アップ』のデビュー週末売り上げ2,066万ドル(約18億5,940万円)に比べると、『ステップ・アップ3D / Step Up 3-D』(原題)の売り上げは低下しており、いくら新しいダンス動作を紹介するカッコいい映画とはいっても、ストーリー性の薄い、ただダンスを見せる映画となると、いくら3D上映したところで……。

 第4位は、先週からワンランクダウンで1,091万ドル(約9億8,190万円)の映画『ソルト』。封切り後18日目の興行収入トータルは、9,000万ドル(約81億円)を超えている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 8月
  4. 11日
  5. 『インセプション』4週トップならず!コメディー新作『ジ・アザー・ガイズ』が首位に決定 -8月9日版