シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

清水崇監督がヴェネチア国際映画祭「ヴェネチア3Dアワード」の審査委員長に!

清水崇監督がヴェネチア国際映画祭「ヴェネチア3Dアワード」の審査委員長に!
本年度「ヴェネチア3Dアワード」の審査委員長・清水崇監督

 9月1日に開催される第67回ヴェネチア国際映画祭「ヴェネチア3Dアワード」部門の審査委員長に日本の清水崇監督が選出された。これは映画祭の主催者マルコ・ミューラーからじきじきに指名を受けたもの。この部門は映画祭の新しい試みとして、世界的に躍進中の3Dというジャンルを最も早く取り込み、昨年より開設された「3D映画部門」。

 清水監督はすでに昨年の映画祭で、アジア圏初のデジタル3D映画(『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』)を監督した功績により、「ヴェネチア3Dアワード」のサプライズ・スペシャルプレゼンターとしての任を受け、グランプリ受賞者のジョー・ダンテ(『グレムリン』)にトロフィーを手渡した。その世界的な話題に、あらためて映画祭側から、今年は審査委員長として招待を受けたのだ。3D審査作品は十数本。この一年間で公開された、『アバター』『アリス・イン・ワンダーランド』『ヒックとドラゴン』『タイタンの戦い』『トイ・ストーリー3』『エアベンダー』『シュレック フォーエバー』『Disney's クリスマス・キャロル』『ファイナルデッドサーキット』『スパイアニマル Gフォース』『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』などがエントリーされ、最終選考を清水崇監督が現地で行う。

 くしくも映画祭本選の審査委員長は、自身も『呪怨』のファンを公言するクエンティン・タランティーノ。この二大審査委員長が、それぞれどんな個性で、それぞれのフィールドで作品を選出し、激突するのか今年のヴェネチアは、予測不可能だ。

 なお3Dセレモニーは、映画祭閉会式の前日に当たる9月10日。セレモニー後、清水崇監督作『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』もイタリア・プレミアとして、本年度「特別招待作品」として上映されることが決定した。

 三池崇史監督作『十三人の刺客』、トラン・アン・ユン監督作『ノルウェイの森』のコンペ作品勢と共に、本年度日本映画唯一の特別招待作品として清水崇監督作『戦慄迷宮3D』にも注目したい。    

「戦慄迷宮 3Dプレミアム・エディション」【初回限定生産】DVD4,935円(税込)/本編95分(2D&3D)/カラー/Disc1(2D本編+特典映像)発売:アスミック 販売:角川映画 (C)ショック・ラビリンス・フィルム・コミッティ2009


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 8月
  4. 30日
  5. 清水崇監督がヴェネチア国際映画祭「ヴェネチア3Dアワード」の審査委員長に!