シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

清水崇監督、3D部門審査委員長として『アバター』『ヒックとドラゴン』に賞を授与!【第67回ヴェネチア国際映画祭】

清水崇監督、3D部門審査委員長として『アバター』『ヒックとドラゴン』に賞を授与!
第67回ヴェネチア国際映画祭の大舞台で審査結果を発表する清水崇監督 - Photo:Harumi Nakayama

 清水崇監督が審査委員長を務めた、第67回ヴェネチア国際映画祭がこの1年間にイタリアで公開された優れた3D映画を選ぶ「ヴェネチア3Dアワード」が現地時間10日に発表され、ジェームズ・キャメロン監督『アバター』とディーン・デュボア&クリス・サンダース監督の『ヒックとドラゴン』の2作が選ばれた。残念ながら両作品の監督は現地入りしなかったが、代理人に清水監督から記念の盾が渡された。

 同賞は3D元年の昨年に新設され、第1回はジョー・ダンテ監督『ホール』が受賞。その際、授賞式でアジア圏初のデジタル3D映画『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』のフッテージ映像を披露して好評だった清水監督が、栄えある第2回目の審査委員長に選ばれた。受賞結果について清水監督は「今現在3Dは、フルアニメCGで使用されることが多いが、その技術はそこに収まらないと思う。まして親子&子ども向け作品だけでなく、正しく3Dの使い方をしている作品を選べればと考えました。その結果、3D技術に貢献したこの2作品を選びました。『アバター』は皆さんの予想通りだと思うが、『ヒックとドラゴン』はドラゴンが飛ぶシーンが素晴らしかった」と説明した。

 また授賞式では清水監督の『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』がイタリア初上映されたほか、「自分も観るのは初めて」(清水監督)という8日にクランクアップしたばかりの新作『ラビット・ホラー3D』(来年公開)の特別フッテージ映像も初披露された。劇中に登場するウサギの着ぐるみを被ってレッドカーペットを歩いて映画祭を盛り上げた清水監督は「『ラビット・ホラー3D』で主演している満島ひかりは、3D映画反対派なんです。だったらなんで映画に出たんだ!? っていう話ですけど(笑)、『アバター』を観てもう役者はいらないんじゃないかと思ったそうで、その気持ちは僕もわかる。僕ももともと3Dに興味があったわけじゃなく、子どもだましのギミックと思っていた。でも3D映画を撮った今は見解が変わり、映画を新しい分野に持っていってくれると信じています。その新しい分野を讃える賞を、こうして歴史ある映画祭で取り上げて賞を作るのは、映画の可能性を示していると思います」と語り、審査委員長の大役を無事に果たし終えた。(取材・文:中山治美)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 9月
  4. 11日
  5. 清水崇監督、3D部門審査委員長として『アバター』『ヒックとドラゴン』に賞を授与!