シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ベン・アフレックの意欲作『ザ・タウン』が全米ナンバーワンに決定! 9月20日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

ベン・アフレックの意欲作『ザ・タウン』が全米ナンバーワンに決定! 9月20日版
みんなの力! -ボストンのプレミアに出席した映画『ザ・タウン / The Town』(原題)キャスト陣 - Brian Babineau / WireImage / Getty Images

 2,861館・推定3,500スクリーンで大型公開されたベン・アフレックのサスペンス映画『ザ・タウン / The Town』(原題)が2,381万ドル(約20億2,385万円)をたたき出して今週のナンバーワン映画に輝いた。(1ドル85円計算)

 『ザ・タウン / The Town』(原題)は、以前にベン・アフレックが版権を購入した小説の映画化で、ベン自身が監督・脚本・主演も兼ねている熱のこもった力作である。第82回アカデミー受賞映画『ハート・ロッカー』に出演して以来注目を集めているジェレミー・レナー、テレビシリーズ「MAD MEN マッドメン」で人気の男優ジョン・ハム、そしてシブい演技派のクリス・クーパーが脇を固めており、見ごたえのある内容に仕上がっている。配給会社ワーナーの調べによると、週末に同作品を観に来ていた観客の55パーセントが男性、そして75パーセントが25歳以上のお客であったとの統計が出ている。

 第2位は、高校生パワーがものをいった映画『イージーA / Easy A』(原題)で1,773万ドル(約15億705万円)の売り上げ。ちなみに、アメリカで映画チケットを買う客層は25歳以下の若者がかなりの割合を占めている。特にティーン・パワーは強力で、加えてティーンの女の子たちのボックスオフィス戦力もバカにできない(映画『トワイライト』シリーズの成功を見てもお分かりのとおり……)。この現状に乗っ取って、ハリウッドの映画工場はハイスクールなどを舞台にしてティーンの女の子たちが共感できるようなストーリーを“生産”し、そして“原料”の中心にアマンダ・バインズなどのように若者に人気の俳優を使用、そしてドーンと大型“売り出し”を週末に行うのである(『イージーA / Easy A』(原題)の上映館は全米2,856館・公開スクリーン推定数3,500)。客層を見据えたこのハリウッド・レシピに従えば、取りあえず売れるというのがこのティーン・ムービーというジャンルなのだ。今週の『イージーA / Easy A』(原題)の上位ランキング入りは、このレシピの成功を裏付けた結果といえよう。

 第3位は、初登場のホラー映画『デビル / Devil』(原題)で1,229万ドル(約10億4,465万円)。M・ナイト・シャマランが考案したストーリーを基にした映画で、普段は監督であるシャマランが今回はストーリーを担当している。シャマランのブランドが付いた歴代の作品中で、『デビル / Devil』は残念ながら一番低いデビュー興行成績となっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 9月
  4. 22日
  5. ベン・アフレックの意欲作『ザ・タウン』が全米ナンバーワンに決定! 9月20日版