シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

不況の今が旬な映画!?『ウォール街』の続編が全米ナンバーワンに決定 -9月27日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

不況の今が旬な映画!?『ウォール街』の続編が全米ナンバーワンに決定 -9月27日版
日本での公開は、来年の1月28日から! (映画『ウォール・ストリート』より) - (C) 2010 TWENTIETH CENTURY FOX

 1987年に公開されて大ヒットした映画『ウォール街』の続編、映画『ウォール・ストリート』が1,901万ドル(約16億1,585万円)をたたき出し、全米ナンバーワン映画に輝いた。(1ドル85円計算)

 2008年のリーマンショック以後、依然として不況が続くアメリカで、『ウォール・ストリート』はまさにタイムリーな作品。とはいうものの23年前に公開されたオリジナルはデビュー週末に410万ドル(約3億4,850万円)、インフレを考慮に入れた現在の額にするとおよそ810万ドル(約6億8,850万円)という売り上げを稼いでおり、現在公開中の続編がオリジナルの5倍ものスクリーン数で公開されていることを考えると、オリジナルの方がもっと勢いのある作品だったことがわかる。今週末に強敵としてデビューするデヴィッド・フィンチャー監督映画『ソーシャル・ネットワーク』と対戦したときに、『ウォール・ストリート』がどこまで持ちこたえるかに同作品の命運がかかっている。

 今週第2位は、3,575館・5,300スクリーンという大ロードショーを敢行したにもかかわらずトップを逃してしまったファミリー映画『ガフールの伝説』で1,611万ドル(約13億6,935万円)の成績。大々的なPRに加えて3D映画ということもあり、関係者たちの間ではかなりの期待が集まっていたが、最終的にはPRもそこそこで上映館数もぐっと下だったアニメ映画『アルファ・アンド・オメガ / Alpha and Omega』(原題)の現在の総合売り上げよりも少し上回った程度で、業界的には散々な結果となってしまった。配給会社ワーナー・ブラザーズが発表したところによると、全体興行収入の72パーセントが3D上映からの収入という結果が出ており、そのうち61パーセントが普通3D上映館2,286軒から、そして11パーセントが193のIMAX上映館からという内訳になっている。なお、観客層としては54パーセントが女性客、そして全体の56パーセントが25歳以下であるという調査結果が発表されている。

 第3位は、先週の第1位から34.5パーセント降下して1,561万ドル(約13億2,685万円)の『ザ・タウン / The Town』。同作品は、何かと比較されがちな2006年のマーティン・スコセッシ監督映画『ディパーテッド』の公開2週目売り上げと比べるとやや元気のない数字だが、それでも『ザ・タウン / The Town』は公開10日にして4,870万ドル(約41億3,950万円)をたたき出している。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 9月
  4. 28日
  5. 不況の今が旬な映画!?『ウォール街』の続編が全米ナンバーワンに決定 -9月27日版