シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

世界が注目する才能!韓流アイドルブームだけで終わらない…今、韓国映画がアツイ!

世界が注目する才能!韓流アイドルブームだけで終わらない…今、韓国映画がアツイ!
ウォンビンの兵役後の復帰第1弾『母なる証明』より - (c)2009 CJ ENTERTAINMENT INC. & BARUNSON CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

 ハリウッドでリメイクが決定した映画『チェイサー』をはじめ、世界を席巻するハイクオリティーな作品が次々と登場し、もはや、イケメンスターだけとは言わせないほどの盛り上がりを見せている近年の韓国映画界だが、なぜこんなにも韓国映画がアツイのか、その理由に迫ってみた。

 韓国映画界がアツイ理由を語る上で外せないのが、独自の才能を発揮する若きクリエイターたちの台頭だ。その筆頭株といえるのが、異色のパニックムービー『グエムル -漢江の怪物-』や、傑作ミステリー映画『母なる証明』が世界の映画祭で絶賛されたポン・ジュノ監督。彼の風刺の効いた作風と意外性に満ちたストーリー展開は、各国で「ポン・ジュノ節」と称賛され、早くも「若き巨匠」と呼ぶにふわさしい活躍ぶりだ。そして、初の長編デビュー作『チェイサー』のリメイク権をレオナルド・ディカプリオとワーナーが獲得したことも記憶に新しいナ・ホンジン監督も、緊迫感に満ちたダイナミックな手法で世界をうならせる。レオ様がホレ込んだ超ヘビー級のクライム・サスペンス『チェイサー』がハリウッドでどう生まれ変わるのか、気になるところだ。

 そんな才能豊かなクリエイターたちによって、かつてはイケメンとして、アイドルとしてもてはやされた韓流スターたちが本来の実力を発揮する場が増えたことも、韓国映画界を盛り上げている一因だ。兵役後の復帰第1弾となった『母なる証明』で、純粋な子どもの心のまま成長した青年の役に挑戦したウォンビンは、甘いマスクを封印した熱演でイメージを一新。また、イケメン俳優の代表格イ・ビョンホンの場合、韓国の名監督からはもちろんのこと、海外からのオファーも殺到! ついに映画『G.I.ジョー』でハリウッドデビューを果たし、極限まで鍛え抜いた肉体でキレのあるアクションを披露した。さらに、男同士の熱い人間ドラマ『映画は映画だ』で演技派としての実力を見せ付けたソ・ジソブほか、韓国映画界の未来を担う俳優たちの活躍にも話題が集まっている。ソ・ジソブは、総製作費130億ウォン(約9億5千万円)の最新ドラマ「ロードナンバーワン」のWOWOWで日本初放送を11月に控え、「WOW FES!2010」での来日も決定するなど、日本での人気もますます高まりそうだ。(1ウォン0.07円計算)

 ほかにも、スタイリッシュなラブコメディー映画『アバンチュールはパリで』をはじめ、ヨーロッパで絶大な人気を誇るホン・サンス監督や、映画『オールド・ボーイ』『渇き』がカンヌ映画で入賞したパク・チャヌク監督など、若手からベテランまで、個性派ぞろいのクリエイターたちがワールドワイドに活躍する韓国映画界。次はどんな作品で世界中の度肝を抜くのか、期待せずにはいられない。

『母なる証明』は10月20日深夜0:00よりWOWOWにて放送。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 15日
  5. 世界が注目する才能!韓流アイドルブームだけで終わらない…今、韓国映画がアツイ!