シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

全米を騒然とさせたプレイム事件が、ショーン・ペンとナオミ・ワッツで映画化!監督ダグ・リーマンを直撃!(1/2)

全米を騒然とさせたプレイム事件が、ショーン・ペンとナオミ・ワッツで映画化!監督ダグ・リーマンを直撃!
ダグ・リーマン監督

 映画『Mr.&Mrs.スミス』『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマン監督が、話題の新作映画『フェア・ゲーム / Fair Game』(原題)について語った。

 同作は、イラク戦争中、中東問題の専門家であるジョセフ・ウィルソン(ショーン・ペン)が、大量破壊兵器を保持しているという米国政府の主張に反対していた際に、彼の妻バレリー・プレイム(ナオミ・ワッツ)がCIAの秘密工作員であることをメディアに暴露され、妻のために政府を敵に回して戦うことを決意することになるというスリラー作品。2003年に実際に起きたプレイム事件をもとに映画化している。

 映画の製作過程で、どれだけ事実に忠実であることが重要だったのだろうか? その理由には、少しの誤報や曖昧な演出は、この事件にかかわったブッシュ政権の次席補佐官のカール・ローブなどに訴えられる可能性もあるからだ。この点について「まず、世間に知られている事実を通して伝えることが重要だった。そのため、法廷の書類や証言を確かめながら忠実に描くことになった。実際にはそれらの資料で十分だった。なぜなら僕らは、この事件で有罪判決を受けた人物や、司法省から調査を受けた人物だけを中心に製作しているからだ。ただ、もしカール・ローブが僕らを訴えてきたら、きっと一番良いこの映画の宣伝ができたかもしれないね!(笑)」とジョークで語ったダグ監督は父親は弁護士であるため、遺伝的に事実にこだわったようだ。

 バレリー・プレイムについて「彼女は、Non-Official Cover(NOC)と呼ばれる秘密工作員で、CIAの中で最も秘密重視のエージェントだ。彼らのアイデンティティーを隠すために1億近くのお金が費やされることもあるそうだ。彼女の場合は、ビジネス・スクールにも通わせていたそうだ。それと彼ら(NOCのエージェント)は、普段決して日の目を見ることがない。今回のように、世間が知るようなこともない。彼らはヒーロー的な存在だが、ものすごくプライベートな人たちでもある」と述べた後に、彼らが国や人を守っていることにも感謝していた。

 この映画の魅力について「政治を描いた作品が、クラシック作品になるような評価を受けるには、政治以上の普遍とされる真実が必要だと思うんだ。それは、勇気のあるこの映画の二人の人物が、ほとんどすべてを犠牲にして、彼らの信念を貫こうとすることにある。きっと、それは100年以上経っても、鑑賞できる作品であるはずだ」と期待させる言葉を残した。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 10日
  5. 全米を騒然とさせたプレイム事件が、ショーン・ペンとナオミ・ワッツで映画化!監督ダグ・リーマンを直撃!