シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『パラノーマル・アクティビティ2』が全米ナンバーワン!超常現象映画の週末売り上げで新記録達成 -10月25日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『パラノーマル・アクティビティ2』が全米ナンバーワン!超常現象映画の週末売り上げで新記録達成 -10月25日版
続編も好調! (映画『パラノーマル・アクティビティ2』より)

 去年大ヒットした映画『パラノーマル・アクティビティ』公開から約1年。ハロウィーンまで1週間となったアメリカで、その続編にあたる映画『パラノーマル・アクティビティ2』が興行収入4,068万ドル(約34億5,780万円)の大ヒットを記録し、全米興行収入第1位の座に輝いた。(1ドル85円計算)

 3,216館・推定4,500スクリーンで封切られた同作品は、これまでに公開された同類作品のデビュー週末売り上げ記録を打破。超常怪奇現象を扱った歴代映画ナンバーワンになるという快挙も成し遂げ、これまで超常現象映画のカテゴリーでデビュー週末売り上げ3,910万ドル(約33億2,350万円)を記録してトップだった映画『THE JUON/呪怨』から王座を奪う結果となった。

 『パラノーマル・アクティビティ2』の週末チケット・セールスは、49パーセントが金曜日の上映からのもので、特に1,800館にての深夜先行ロードショーが630万ドル(約5億3,550万円)の売り上げを記録しており、スタジオ側が行なってきた熱心なPR作戦が功を奏したものと思われる。この売り上げ記録は、映画『ジャッカス3D / Jackass 3-D』(原題)の10月における歴代深夜先行ロードショー記録である250万ドル(約2億1,250万円)を破ったばかりか、R指定映画(保護者付き添いなしの17歳以下は鑑賞禁止)での深夜先行ロードショー記録を維持していた映画『ウォッチメン』の455万ドル(約3億8,675万円)をも軽く打破している。

 配給会社パラマウント・ピクチャーズの観客アンケートによると、映画を観に来ていた54パーセントが女性客で、全体の61パーセントが25歳以下の観客であったという統計が発表されている。

 代わって今週の第2位は2,131万ドル(約18億1,135万円)で、先週第1位からダウンの『ジャッカス3D / Jackass 3-D』(原題)。57.7パーセントの落下率で、前作映画『jackass number two』の2週目落下率50パーセントを上回ってしまったものの、公開後10日目にして8,690万ドル(約73億8,650万円)と上々の売り上げを記録している。

 第3位は、こちらも先週からワンランクダウンした『RED/レッド』。興行収入は1,503万ドル(約12億7,755万円)だったが落下率は30.9パーセントと健闘。封切り後10日で、4,350万ドル(約36億9,750万円)を売り上げている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ついに完結! ソウ ザ・ファイナル from エンタメニュース ピックアップ! (2010年10月30日 17時35分)
    SAWシリーズも次の7作めでピリオドですか。毎回おっかねぇ思いをさせら… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 27日
  5. 『パラノーマル・アクティビティ2』が全米ナンバーワン!超常現象映画の週末売り上げで新記録達成 -10月25日版