シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

中尾彬、セクシー女優の原紗央莉の衣装に合わせて、紫のねじねじをコーディネート!

中尾彬、セクシー女優の原紗央莉の衣装に合わせて、紫のねじねじをコーディネート!
セクシーな原紗央莉(右)の衣装に合わせました! -中尾彬(左)

 本格的3Dアクション映画『牙狼 ~RED REQUIEM~』の初日舞台あいさつが30日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の小西遼生、松山メアリ、倉貫匡弘、原紗央莉、中尾彬、そして原作者でメガホンもとった雨宮慶太監督が登壇した。

 本作で亡き恋人を思い続ける老画家を演じた中尾は、当初テレビシリーズをもとにした映画の世界観が理解できなかったようで「台本を読んで、ワケ分かんない映画だと思った。監督の言うとおりにやったのは40年ぶり」とぶっちゃけ。3D映画である点については「俺が飛び出したら、土佐犬になっちゃうんじゃないか」と自虐的に語り、客席を爆笑に包んだ。

 中尾といえば首から下げた「ねじねじ」がトレードマークになっており、本作でももちろん、ねじねじを着用。しかし衣装スタッフが用意したものは。中尾いわく「ろくなもんがなかった」そうで、自前のねじねじで出演したんだとか。この日、中尾のねじねじは紫色だったが、何でもセクシー女優の原が着ている紫色のドレスに合わせてコーディネートしたんだとか。さすが、ねじねじマスターというべき、中尾流のこだわりが感じられた。

 さらに中尾は、超ショートパンツの松山を見るなり、「俺もショートパンツがはきたかった」とあっと驚く衝撃告白! いつの日か、ねじねじにショートパンツ姿の中尾が見られるかも!?

 『牙狼 ~RED REQUIEM~』は2005年にテレビ放映されるや、独創的な世界観やスタイリッシュなアクションシーンで人気を博した特撮ドラマ「牙狼 GARO」の3D映画化。人間の邪悪な心にとりつく魔獣ホラーと、ホラーを狩る宿命を背負う魔戒騎士の戦いを描く。

映画『牙狼 ~RED REQUIEM~』は全国3D公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 30日
  5. 中尾彬、セクシー女優の原紗央莉の衣装に合わせて、紫のねじねじをコーディネート!