シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

中江監督、映像づくりのマニュアルにダメだし!子どもに悪しきプロのノウハウを押しつけてはいけない!(1/2)

中江監督、映像づくりのマニュアルにダメだし!子どもに悪しきプロのノウハウを押しつけてはいけない!
左から中江裕司監督、諏訪敦彦監督、萩生田宏治監督

 プロの映画監督から映画作りを学ぶ「こども映画教室」を主催している金沢コミュニティシネマが、教育と映画をテーマにしたシンポジウム「こどもが映画をつくるとき」を13、14日の2日間に渡って金沢21世紀美術館で開催した。ディスカッションには同教室で歴代講師を務めた、『ナビィの恋』の中江裕司監督、『神童』の萩生田宏治監督、『ユキとニナ』の諏訪敦彦監督らが参加し、白熱した議論が展開された。

 最近は子どもの情操教育はもちろん、集団でのモノ作りを通して協調性を学ぶ機会として全国で同様の取り組みが数多く行われている。2006年にスタートした「こども映画教室」も4年目を迎え、これまでの成果を振り返ると同時に子どもと教育の未来に映画が何が出来るのか考える場を設けようと企画された。14日に行われたシンポジウムでは実戦レポートとして、仙台で私塾「アトリエ自遊楽校」を開校している新田新一郎さんと、小学校の授業で映画・映像教育を取り入れるべく奔走した川崎市の市民・こども局市民文化室の広岡真生さんの例が紹介された。

 前者の「アトリエ自遊楽校」では2歳児~12歳の子どもを対象に月謝8,500円で、絵画やミュージカルなどアート全般を自由な発想のもとで創作する活動する場を設けており、その延長で映画製作にも挑戦している。一方後者は、それまでの労働者や公害の街といったイメージから脱却を図るべく、「映像のまち・かわさき」を掲げて文化・芸術の振興に力を入れている神奈川県川崎市が、その一環として2008年から小学校で映画製作の授業をスタート。

 パナソニック財団や同市にある日本映画学校、地域のシニアボランティアの協力を受けながら、初年度は市立川中島小学校1校のみだった取り組みも本年度は10校にまで拡大。先の事業刷新会議で文化・芸術への助成金への削減が問題視されている今、公教育で実践されている画期的な試みだ。ところが教師用に「映像制作マニュアル」が存在し、そこに企画立案→絵コンテ→役割分担→撮影→編集とお手本のような流れを推進しているような内容に中江監督たちが噛み付いた。

 中江監督は「子どもと映画のファーストコンタクトが大事なのに、悪しきプロのノウハウを押しつけてはいけない。このマニュアルは、映画のある一面を示しているのに過ぎない。なぜ絵コンテや音を付けることが必要なのか? ルールを押してるのではなく、カメラを回して何を撮りたいのかが大事なのではないか?」と苦言を呈せば、萩生田監督も「映画製作には、引きこもり気味だった子が映画作りで前に出るようになったり、一緒に作ることで日常とはまた違う人間の見方が出来るなど副産物が多々ある。しかし何を作りたいか? の前に作り方から入ると、欠け落ちてしまうモノがあるのでは?」と続いた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 11月
  4. 22日
  5. 中江監督、映像づくりのマニュアルにダメだし!子どもに悪しきプロのノウハウを押しつけてはいけない!