シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ゲゲゲの女房演じた吹石一恵、「出産……というより、自分の子どもが成人する感じ」と感無量!

ゲゲゲの女房演じた吹石一恵、「出産……というより、自分の子どもが成人する感じ」と感無量!
宮藤さんを信じ続けました! -吹石一恵(中)と、いつも自然体の宮藤官九郎(右)

 映画『ゲゲゲの女房』の初日舞台あいさつが20日、東京・新宿武蔵野館で行われ、吹石一恵、宮藤官九郎、そして鈴木卓爾監督が登壇した。

 今年、日本中にゲゲゲ旋風が吹き荒れる中、女房・布枝さん役を熱演した吹石はあいさつ冒頭から「今までで一番プロモーションを頑張った。周りからも『ゲゲゲ、いつまで(映画館で)やってるの?』と聞かれたほど」と苦労をぶっちゃけ。それだけに「出産……というより、自分の子どもが成人する感じ」と感激いっぱいの笑顔だった。

 一方、水木を演じた宮藤は「僕はあんまり(プロモーションを)頑張らなかった。ゲゲゲって言われても『あっ、僕じゃないほうだな』って思う」といつも通りの力を抜いた自然体。台本を読んだときは脈絡なく「ワハハ」と笑う水木像に戸惑いもあったそうだが、「実際お会いすると、確かに脈絡なく笑ってる方でした」と振り返った。

 そんな二人が夫婦役を演じる本作だが、出会って5日目で結婚したという設定だけに難しさもあった様子。鈴木監督も二人には「あまり仲良くしないように」と指示したといい「布枝さんがそうしたように、とにかく漫画を描き続ける宮藤さんの背中を信じ続けた」(吹石)、「仲悪かったわけじゃないですよ。最初はぎこちない夫婦が近づくところが繊細(せんさい)に描かれている」(宮藤)。それでも宮藤が先にクランクアップしてしまい、吹石が「置き去り」になったときは「お先に失礼しますと言われて、さみしかったです」と女房の顔を見せる吹石だった。

 『ゲゲゲの女房』は日本を代表する漫画家・水木しげるを、妻として支えてきた布枝夫人の自伝を映画化。お見合いをして5日後に結婚した水木しげると布枝夫人が、貧乏時代を乗り越え、やがて水木が人気漫画家となるまでの半生がつづられる。

映画『ゲゲゲの女房』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 11月
  4. 20日
  5. ゲゲゲの女房演じた吹石一恵、「出産……というより、自分の子どもが成人する感じ」と感無量!