シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

セックスシーンが理由で17歳未満鑑賞禁止の映画、カットなしで大人が同伴していれば鑑賞可能に引き下げ!

セックスシーンが理由で17歳未満鑑賞禁止の映画、カットなしで大人が同伴していれば鑑賞可能に引き下げ!
良かったわ! -ミシェル・ウィリアムズ - Alexandra Wyman / WireImage / Getty Images

 ミシェル・ウィリアムズとライアン・ゴズリングのセックスシーンが理由でNC-17指定を受けていた映画『ブルー・バレンタイン(原題) / Blue Valentine』がR指定に引き下げられることになった。

 NC-17指定は17歳未満の鑑賞を禁止するもので、映画を鑑賞する側に対し、ポルノ映画であると宣言しているようなもので、映画に対する先入観を持たせるだけでなく、興行成績にも大きなダメージを与えるものであるのは確かだ。しかし、『ブルー・バレンタイン(原題)』はR指定になったことにより、大人が同伴していれば17歳未満でも鑑賞できることになり、映画としても正当に評価されるチャンスが与えられたことになる。

 指定の変更について米国映画協会のエリザベス・カルトマンは、映画を再度鑑賞し、プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインの議論を聞いた上で協会が出した結論だと説明している。当初、NC-17指定を受けたことについてミシェルは、R指定にするために映画のシーンをカットするなどの編集はせず、このままの作品として受け止めてほしいと、出来上がった作品に絶対の自信を見せていた。『ブルー・バレンタイン(原題)』は全米で12月31日に公開される予定で、ミシェルはアカデミー賞の主演女優にノミネートされるとの呼び声も高い。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 12月
  4. 27日
  5. セックスシーンが理由で17歳未満鑑賞禁止の映画、カットなしで大人が同伴していれば鑑賞可能に引き下げ!