シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

3D上映からの収益が全体の82パーセント!ディズニー作品の新作『トロン:レガシー』堂々の全米ナンバーワン!【全米ボックスオフィス考】(1/2)

3D上映からの収益が全体の82パーセント!ディズニー作品の新作『トロン:レガシー』堂々の全米ナンバーワン!
映画『トロン:レガシー』より - (C) Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ディズニーの新作映画『トロン:レガシー』が、週末のボックスオフィスを制覇し、全米ナンバーワンとなった。

 ここ数週間低迷していた全米興行収入に4,403万ドル(約37億4,255万円)をもたらした同作品は、3Dが効果的に使用されたハイテクな映像、そして映画『クレイジー・ハート』でアカデミー賞主演男優賞を受賞し脂の乗っているジェフ・ブリッジスが登場するとあって、話題には事欠かず、新旧映画ファンの食指を動かしたようだ。(1ドル85円計算)

 3,451館・推定5,600スクリーン、そのうち2,424館で3D上映され(234館のIMAX 3Dも含む)、週末における総合収益の82パーセントが3Dからの売り上げという報告が入っている。興味深いのは、去年大成功を収めた映画『アバター』は公開初週末における3D上映からの収益は71パーセントだったということだ。今年に入って、ますます3Dが映画ファンの間で定着してきたということか。なお、ディズニーの観客調査によると、この映画は男性に人気があったようで週末観にきていた人たちの66パーセントが男性、そして75パーセントが18歳以上の観客だったと発表されている。

 今週第2位は、こちらも初登場の映画『ヨギ・ベアー(原題) / Yogi Bear』で1,641万ドル(約13億9,485万円)。ストーリーも3Dの質も非常に良く、ただの子ども向け映画とバカにできない作品だ。2,011館は3D上映だったが、収益的には全体の57パーセントとそこそこ。配給のワーナー・ブラザーズによると52パーセントの観客が25歳以下、そして53パーセントは男性という結果が発表されている。

 第3位は、1,239万ドル(約10億5,315万円)で映画『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』。2週目の成績にしては悪くないが、映画『ナルニア国物語』シリーズ過去2作と比べると、やや元気がない。

 第4位は、今週から全米公開に拡張して先週の第19位から大きくジャンプした話題作映画『ザ・ファイター(原題) / The Fighter』で1,214万ドル(約10億3,190万円)。マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベイル主演のスポ根作品は、早くもアカデミー賞ノミネーション候補の呼び声も高く、業界はもとより映画ファン注目の作品である。

 今週第5位は、残念ながら先週3位からダウンの映画『塔の上のラプンツェル』で878万ドル(約7億4,630万円)。この成績になってしまったのは、同じ製作スタジオの新作『トロン:レガシー』にほとんどの3D上映館を持っていかれてしまったことが原因となっており(何と、2,300館から800館に激減)、いたしかたない状況だ。とはいうものの、それにしてはまずまずの収益を上げており決して悪くない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 12月
  4. 21日
  5. 3D上映からの収益が全体の82パーセント!ディズニー作品の新作『トロン:レガシー』堂々の全米ナンバーワン!