シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

米倉涼子、スカーレット・オハラに!舞台「風と共に去りぬ」世界初演の帝国劇場、開場100周年記念公演

米倉涼子、スカーレット・オハラに!舞台「風と共に去りぬ」世界初演の帝国劇場、開場100周年記念公演
100年もの歴史に思いを馳せると、感慨深い気もちになります。-「風と共に去りぬ」 - 2010 Toho Co.,Ltd.All rights reserved

 今年開場100周年を迎える東京・帝国劇場が、マーガレット・ミッチェル原作の長編小説を原作とした舞台「風と共に去りぬ」を主人公のスカーレット・オハラ役に米倉涼子を迎え、記念公演として上演する。

 「風と共に去りぬ」といえば、1939年の映画版がヴィクター・フレミングが監督し、希代の名女優ヴィヴィアン・リーが主演した不朽の名作として知られているが、1966年の新装開場に合わせ、記念すべき舞台版が世界初演されたのはこの帝国劇場だ。製作・脚本・演出を担当した菊田一夫によって再現された壮大な作品世界は、当時多くの観客を魅了し、記録的なロングランを達成した。

 その後、幾度かの再演やミュージカル化などを経て上演され続けた本作が、帝劇開場100周年を記念する作品として今年、上演される。その記念すべき公演で激動の時代の中を麗しく生きる女性、スカーレット・オハラを演じるのはドラマ「交渉人」などで人気の女優、米倉涼子だ。

 映画やドラマでの活躍が目立つ印象のある彼女だが、故・松本清張の原作による舞台「黒革の手帖」やブロードウェイ・ミュージカル「CHICAGO」などで、コンスタントに舞台経験を重ねており、その実力は本物。米倉本人もインタビューで「帝劇100周年という記念の年に、こうして大作をやらせていただけることが、単純にうれしい」と語り、意気込みは十分な様子だ。映画やドラマの中で彼女が度々見せる強い女性のイメージも、逆境に立ち向かうスカーレットと重なる部分がある。

 そして、米倉の相手役を務めるのは、ドラマ「相棒」シリーズで大人気の寺脇康文。「相棒」のときのワイルドなスタイルとは違った、紳士らしい正装で、レット・バトラーを演じる。「米倉さんとの共演が、本作出演を即決した要因」と、彼女の人柄を絶賛。本番でも息の合った名演を期待させる。その他にも紫吹淳や岡田浩暉、高橋ひとみといった実力派が顔をそろえたこの記念公演。日本を代表する劇場の100周年という、歴史を体感するだけでなく、映画版とは違った感動を堪能するためにも、劇場に足を運びたいところだ。

帝劇開場100周年記念公演「風と共に去りぬ」は2011年6月18日に初日をむかえ、7月10日まで上演予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 1月
  4. 6日
  5. 米倉涼子、スカーレット・オハラに!舞台「風と共に去りぬ」世界初演の帝国劇場、開場100周年記念公演