シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

低迷中のボックスオフィスに新王者誕生!コーエン兄弟『トゥルー・グリット』が全米トップに! -1月10日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

低迷中のボックスオフィスに新王者誕生!コーエン兄弟『トゥルー・グリット』が全米トップに! -1月10日版
今週第1位に輝いた映画『トゥルー・グリット』より - (C) 2010 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

 映画『トゥルー・グリット』 がデビュー3週目にしてついに映画『リトル・フォッカーズ(原題) / Little Fockers』から王座を奪い全米映画第1位の栄冠に輝いた。

 オスカー候補の呼び声も高いジョエル、イーサン・コーエン監督の本作は、1,461万ドル(約12億4,185万円)をたたき出し、封切り後18日にしてすでに総合収益1億ドル(約85億円)の大台を超えてこれまでに1億1,100万ドル(約94億3,500万円)の収益を上げており、クリント・イーストウッド監督・主演作品でアカデミー賞受賞作にもなった映画『許されざる者』、そしてメル・ギブソン、ジョディ・フォスター出演のウエスタン・コメディー映画『マーヴェリック』を優に超える大ヒット作となっている。この記録は映画祭シーズンも終盤を迎えたアメリカでこれからも上昇するものとみられており、配給スタジオはPR作戦に余念がない。(1ドル85円計算)

 今週の第2位は、2週連続第1位の座を明け渡した『リトル・フォッカーズ(原題) / Little Fockers』で1,349万ドル(11億4,665万円)。先週から47.7パーセントの収益ダウンである。19日で1億2,370万ドル(105億1,450万円)の総合収益を上げているこの作品だが、封切り後の同時期、すでに2億430万ドル(173億6,550万円)の売り上げを記録していた前作の映画『ミート・ザ・ペアレンツ2』と今週も比較されてしまい、またもやトホホな扱いを受けている。

 代わって第3位は2,816館・推定3,000スクリーンにて公開されたニコラス・ケイジの新作映画『シーズン・オブ・ザ・ウィッチ(原題) / Season of the Witch』で1,061万ドル(約9億185万円)。中世を舞台にした映画にしてはなかなかの成績となっており、最近ヒット作に恵まれておらず、ボックスオフィスでの株も下がり気味なニコラスの作品にしては上々の滑り出しといえる。配給による観客調査によると、映画を観に来ていた52パーセントは男性、そして61パーセントが25歳以上の観客だったという結果が出ている。

 さて、先週から46.2パーセントの下降率で、第4位となったのは映画『トロン:レガシー』。1,009万ドル(約8億5,765万円)の収益で、公開後24日にしての全米総合興行収入は1億4,821万ドル(約125億9,785万円)と大台に乗ったものの、推定製作費が1億7,000万ドル(約144億5,000万円)ということから、もうひと踏んばりしてほしいところである。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 1月
  4. 12日
  5. 低迷中のボックスオフィスに新王者誕生!コーエン兄弟『トゥルー・グリット』が全米トップに! -1月10日版