シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

新スパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールド 「プライベートの僕はつまらない人間」

新スパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールド 「プライベートの僕はつまらない人間」
アンドリュー・ガーフィールド

 新しくスパイダーマンを演じることになったアンドリュー・ガーフィールドは、人が興味を持つような私生活を送っていないため、スパイダーマンという大役にキャスティングされても日常生活に変化は起きないと思っているらしい。

 「僕の人生は決しておもしろいものじゃないよ。午前4時にクラブからフラフラになって出てくるなんてことはない」と語り、今後もそういうことはないため、パパラッチに追いかけるられるような生活にはならないと言っている。そんなアンドリューは、スパイダーマンを演じるにあたり一番のプレッシャーは、自分がこのキャラクターに抱いているイメージに近づけられるかということ。「一番のプレッシャーは、僕の中の4歳児が抱いているスパイダーマンのイメージだ。みんなから大役だと言われる必要はない。僕自身がスパイダーマンの一番のファンだからね」と自分との戦いであることを語った。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 1月
  4. 31日
  5. 新スパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールド 「プライベートの僕はつまらない人間」