シネマトゥデイ

バレンタインデーの週末はやっぱりラブコメ!アダム・サンドラー、ジェニファー・アニストン共演の新作映画が全米第1位に! -2月14日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

バレンタインデーの週末はやっぱりラブコメ!アダム・サンドラー、ジェニファー・アニストン共演の新作映画が全米第1位に! -2月14日版
頑張りました! -ジェニファー・アニストンとアダム・サンドラー - Kevin Mazur / WireImage / Getty Images

 ラブコメ王のアダム・サンドラー出演作が全米を制するか、はたまたアイドルのジャスティン・ビーバーのドキュメンタリーがトップとなるのか……週末ボックスオフィスの軍配は、アダムがジェニファー・アニストンと共演した新作映画『ジャスト・ゴー・ウィズ・イット(原題) / Just Go With It』に上がった。

 バレンタインデーを月曜日に控え3,548館・推定4,900スクリーンにて大型公開されたこのラブ・コメディーは、全米で3051万ドル(25億9,335万円)をたたき出したものの第2位とはおよそ100万ドル(約8,500万円)しか差がなく、辛うじて王座を制するという形になった。(1ドル85円計算)

 『ジャスト・ゴー・ウィズ・イット(原題) / Just Go With It』は、アダムにとって11作目の初登場ナンバーワンを記録したことになる。今回の成績はアダム作品の通常デビュー週末と比べると、そこそこの結果となっているがいずれにせよ全米第1位となったことには変わりなく、ソニー・ピクチャーズにとってはアダム様々……といったところである。なお、この作品は共演のジェニファーにとってもプラスとなっており、一昨年の同時期に公開された彼女の出演映画『そんな彼なら捨てちゃえば?』と比べても多少の売り上げアップとなっている。

 配給会社ソニー・ピクチャーズの観客アンケートによると、週末に『ジャスト・ゴー・ウィズ・イット(原題) / Just Go With It』を観に来ていた観客の58パーセントが女性客、そして全体客の60パーセントが25歳以上であったという結果が出ている。

 先輩格のアダムに第1位を阻まれ第2位に甘んじたのは、アメリカ中の少女たちが熱を上げる少年ポップスター、ジャスティン・ビーバー主演のドキュメンタリー・タッチ映画『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』で2,951万ドル(約25億835万円)。3,105館・推定4,200スクリーンの大ロードショーを敢行したこの作品は、当時センセーショナルだったジョナス・ブラザーズの3D映画を約2倍上回る収益を収めジャスティン・フィーバーの勢いを見せ付けた。だが、今週のフィーバーが来週も維持できるかは次週のフタを開けてのお楽しみ!

 さてお次の第3位は、クリスマス以来、初の家族向け新作となった映画『ノメオ&ジュリエット(原題) / Gnomeo and Juliet』で2,536万ドル(約21億5,560万円)の収益。2,994館・3,900スクリーンにて公開されたこの作品は、過去2月に公開された歴代アニメ作品のデビュー週末収益の最高を記録しており、これまで歴代トップの座についていた映画『コララインとボタンの魔女 3D』を追い抜く結果となった。


【関連情報】

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク