シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『SP』ハリウッドリメイク交渉開始!なのに、真木よう子は舌打ち?香川照之はかみかみ!

『SP』ハリウッドリメイク交渉開始!なのに、真木よう子は舌打ち?香川照之はかみかみ!
岡田にホレボレ!な様子の香川照之と強気な姿勢をみせた堤真一

 岡田准一主演の同名人気ドラマを2部作構成で映画化した作品の2作目『SP 革命篇』の完成披露試写会が24日、東京国際フォーラムで開催され、岡田をはじめ、堤真一、香川照之、真木よう子、松尾諭、神尾佑、山本圭、野間口徹、平田敦子、そして波多野貴文監督が舞台あいさつに登壇した。

 待望の最終作がお披露目されたこの日、なんと「SP」シリーズのハリウッドリメイク交渉が開始されたとうれしいニュースが飛び込んだ。昨晩は緊張で一睡もできなかったという岡田も、この吉報には「すごいことだなと思います」と大喜び! すぐさま「でも、アメリカだとシークレットサービスになるんですかねー。誰が演じるんだろう?」と心配そうな表情も見せていた。一方の堤は「リメイクするより、これを上映しろ!」と強気の発言で、会場を沸かせた。

 一方、真木は突然コメントを求められ、のどの調子が悪かったのか思わず舌打ち! 「すみません、急にしゃべろうとしたら……」と釈明し、岡田を爆笑させた。さらに劇場版から本シリーズに参戦している香川も、晴れやかな舞台で、「おいしいワイン」と言うべきところを、「わいしい」とかんでしまう大失態。「どうしてこんな場所で、かんでしまんでしょうね。歳だからかな……」と弱音を吐き、隣に立つ堤に「お互い労わりあおうね」とエールを贈りあう場面も。現在公開中の映画『あしたのジョー』に、丹下段平役で出演している香川は、岡田が劇中で披露する超絶アクションにホレボレした様子で、「ボクシング、やんねーか」とスカウトしていた。

 本作は昨年10月に公開され、興収30億円を突破した映画『SP 野望篇』の続編にして、シリーズ完結編。官房長官を狙ったテロから2か月後、通常任務をこなす井上(岡田)らSPの面々が、混乱を極める国会議事堂で巨大な陰謀と対峙(たいじ)する姿を怒とうのアクションと圧倒的なスケールで描く。堤演じる上司の尾形に秘められた野望と、彼が目指す革命の全ぼうが明らかになる。

映画『SP 革命篇』は3月12日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 24日
  5. 『SP』ハリウッドリメイク交渉開始!なのに、真木よう子は舌打ち?香川照之はかみかみ!