シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

イーストウッド監督、人気ナンバーワン作品は『許されざる者』に決定!スター俳優とのタッグは意外にも人気なし?

イーストウッド監督、人気ナンバーワン作品は『許されざる者』に決定!スター俳優とのタッグは意外にも人気なし?
新たな代表作誕生の瞬間です! 『ヒア アフター』場面写真より - (C) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 マット・デイモンとコンビを組んだ映画『ヒア アフター』の公開を記念し、クリント・イーストウッド監督作品の人気投票を行ったところ、アカデミー賞初受賞を果たした映画『許されざる者』が1番人気であることが明らかになった。それでも上位と下位の差がそれほど開いているわけではなく、撮る映画すべてが代表作というイーストウッド監督の職人ぶりが際立つ結果となった。(アンケート結果は2月22日現在)

 人気投票の対象になったのは、アンジェリーナ・ジョリー主演の映画『チェンジリング』、二宮和也、加瀬亮ら日本人俳優が多数出演した映画『硫黄島からの手紙』、オスカー4部門受賞のヒューマン映画『ミリオンダラー・ベイビー』、ショーン・ペン、ティム・ロビンスの演技が光る映画『ミスティック・リバー』、そしてイーストウッドが監督・製作・主演を務めた映画『許されざる者』の5作品。『許されざる者』は約25パーセントの支持を得ており、ほかの作品を上回った。俳優としては1950年代、監督としては1970年代より活躍していたイーストウッドが念願のオスカーを獲得した作品だけに、昔からのファンの思い入れはとりわけ強そうだ。続いて映画『ミリオンダラー・ベイビー』『硫黄島からの手紙』が僅差(きんさ)で2位、3位に入るという結果になった。

 意外だったのは、票差こそ大きくないものの、アンジーやショーン・ペンといった大スターを擁した映画『チェンジリング』『ミスティック・リバー』が下位に沈んだこと。どちらもスター主演ということで期待値が高過ぎたのか、あるいは暗い雰囲気が終始作品を覆っていたのが原因かも? それでも、最下位の『チェンジリング』と1位の票差もわずか7パーセントであり、特定の作品に票が片寄らないというのがイーストウッド監督作品の特徴といえそう。それは裏を返せば、どの作品も代表作として遜色(そんしょく)ないということだ。

 映画『インビクタス/負けざる者たち』に続いてマット・デイモンとタッグを組んだ映画『ヒア アフター』は現在80歳のイーストウッド監督が、真正面から死と向き合ったヒューマンドラマ。死後の世界をテーマに立場も年齢も異なる3人の登場人物の人生が絡み合う中で繰り出される豊穣なドラマが堪能できる。マットというスター俳優を起用していることが吉と出るか、凶と出るかは……自分の目で確かめてみるしかない!?

映画『ヒア アフター』は現在公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 24日
  5. イーストウッド監督、人気ナンバーワン作品は『許されざる者』に決定!スター俳優とのタッグは意外にも人気なし?