シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

世界の映画祭で絶賛!自慰行為、性器にハサミ…!ラース・フォン・トリアー監督のやり過ぎエロチック・サイコ・スリラー『アンチクライスト』衝撃動画が解禁!

世界の映画祭で絶賛!自慰行為、性器にハサミ…!ラース・フォン・トリアー監督のやり過ぎエロチック・サイコ・スリラー『アンチクライスト』衝撃動画が解禁!
手、手が~。 映画『アンチクライスト』場面写真より - (C) Zentropa Entertainments 2009

 フランス女優のシャルロット・ゲンズブールが大胆不敵な演技を披露し、2009年カンヌ映画祭で見事主演女優賞を獲得した映画『アンチクライスト』の衝撃的過ぎる予告編動画が解禁された。当初はあまりの過激さから使用を見合わせていたこの予告編から、全裸も辞さないシャルロットの鬼気迫る熱演の一端を垣間見ることができる。

 本作は映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『奇跡の海』などの作品で愛と自己犠牲を描いてきたデンマークの鬼才、ラース・フォン・トリアー監督によるエロチック・サイコ・スリラー。ベッドで愛し合っている最中、幼い息子を事故で失った夫婦が、その悲しみを克服しようと奮闘する果てにたどりつく壮絶な運命を描く。性や暴力の描写があまりにも過激で、カンヌ映画祭での上映時には賛否両論が巻き起こった問題作だ。

 動画では、子どもが足を滑らせて窓から落ちていくモノクロの美しいシーンから始まり、次にセラピストでもある夫(ウィレム・デフォー)が、悲嘆に暮れる妻(シャルロット)の精神的治療を兼ねて、2人で森の別荘へと向かっていく様が映し出される。やがて妻の症状はますます悪化し、次第に狂気にむしばまれていくのだが、自慰行為や自身の性器にハサミを向ける姿など衝撃度満点のシーンが続く。

 しかしこの作品が、単に過激な性や暴力のシーンを売り物にした作品ではないのは、カンヌをはじめとしたヨーロッパ各国での映画賞の受賞がすでに証明済み。何といっても一番の見どころは、シャルロットの体当たり演技。息子の死を悲しむ弱々しい妻から、やがて性欲と暴力性にまみれた悪魔のような女に豹変(ひょうへん)していく様は圧巻で、カンヌでの受賞も納得だ。

 挑戦的な作品を発表し続けるトリアー監督が、自身のうつ病のリハビリとして書いたというこの物語は、人間はもちろん、癒やしの象徴であるはずの自然や動物さえも恐ろしい存在として描かれている。混沌とした世界観を圧倒的な映像美で描きつつ、さらに女性の内にひそむ悪魔性をえぐり出しており、観る者の心をわしづかみにする。作品タイトルのように、欧米人が心のよりどころとしているキリスト教世界への挑戦状のようでもある。

映画『アンチクライスト』は2月26日より新宿武蔵野館ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 24日
  5. 世界の映画祭で絶賛!自慰行為、性器にハサミ…!ラース・フォン・トリアー監督のやり過ぎエロチック・サイコ・スリラー『アンチクライスト』衝撃動画が解禁!