シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

偉大な現役映画監督ベスト25を発表!エンターテインメント・ウィークリー誌

偉大な現役映画監督ベスト25を発表!エンターテインメント・ウィークリー誌
スピルバーグ監督やスコセッシ監督よりも上っ! -デヴィッド・フィンチャー監督

アメリカの雑誌エンターテインメント・ウィークリーのスタッフが、偉大な現役映画監督ベスト25を発表した。順位は以下の通りで、( )は代表作。 

  1) デヴィッド・フィンチャー    (セブン、ファイト・クラブ、ソーシャル・ネットワーク)
  2) クリストファー・ノーラン    (メメント、ダークナイト、インセプション)
  3) スティーヴン・スピルバーグ   (E.T.、シンドラーのリスト、プライベート・ライアン)
  4) マーティン・スコセッシ     (タクシードライバー、グッドフェローズ、ディパーテッド)
  5) ダーレン・アロノフスキー    (レクイエム・フォー・ドリーム、レスラー、ブラック・スワン)
  6) ジョエル&イーサン・コーエン  (バートン・フィンク、ファーゴ、ノーカントリー)
  7) クエンティン・タランティーノ  (レザボアドッグス、パルプ・フィクション、キル・ビル)
  8) テレンス・マリック       (天国の日々、シン・レッド・ライン、ニュー・ワールド)
  9) クリント・イーストウッド    (許されざる者、ミスティック・リバー、ミリオンダラー・ベイビー)
 10) ペドロ・アルモドバル      (オール・アバウト・マイ・マザー、トーク・トゥ・ハー、バッド・エデュケーション)
 11) ポール・トーマス・アンダーソン (ブギーナイツ、マグノリア、ゼア・ウィル・ビー・ブラッド)
 12) ギレルモ・デル・トロ      (ミミック 、ヘルボーイ、パンズ・ラビリンス )
 13) ロマン・ポランスキー      (ローズマリーの赤ちゃん、チャイナタウン、戦場のピアニスト)
 14) ダニー・ボイル         (トレインスポッティング 、28日後... 、スラムドッグ$ミリオネア)
 15) キャスリン・ビグロー      (ハートブルー 、ストレンジ・デイズ/1999年12月31日、ハート・ロッカー )
 16) デヴィッド・O・ラッセル    (スリー・キングス、ハッカビーズ、ザ・ファイター )
 17) デヴィッド・リンチ       (エレファント・マン、ブルーベルベット、マルホランド・ドライブ)
 18) ジェームズ・キャメロン     (ターミネーター、タイタニック、アバター)
 19) ピーター・ジャクソン      (乙女の祈り 、ロード・オブ・ザ・リング 、キング・コング)
 20) エドガー・ライト        (ショーン・オブ・ザ・デッド、ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!、グラインドハウス)
 21) スパイク・リー         (ドゥ・ザ・ライト・シング、マルコムX、インサイド・マン)
 22) J・J・エイブラムス       (LOST、M:i:III、スター・トレック)
 23) ブラッド・バード        (アイアン・ジャイアント、Mr.インクレディブル、レミーのおいしいレストラン)
 24) マイク・リー          (ネイキッド、秘密と嘘 、ヴェラ・ドレイク)
 25) ウェス・アンダーソン      (天才マックスの世界、ダージリン急行、ファンタスティック Mr.FOX)

デヴィッド・フィンチャーとクリストファー・ノーランが、スティーヴン・スピルバーグよりも順位が上なのは、トレンドを重視するエンターテインメント・ウィークリーらしい選考。さらにクリント・イーストウッドやロマン・ポランスキーなどの巨匠も10位前後と思ったよりも評価が低いのも、若者が読者であるこの雑誌らしい選択。だが、海外の監督をほとんど選考していないのは、あくまでアメリカ中心に考えている典型的なアメリカの若者の表れで、最後にジョージ・A・ロメロではなく、エドガー・ライトを選択するに至っては、ほとんど意味がわからない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 原発の攻防:テクノロジーは運命ではない-No Fate from ターミネーター サラ コナー クロニクルズは日本人が救おう! (2011年3月20日 3時7分)
    福島原発をめぐる命をかけた攻防が続いている。まるで「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ(TSCC)」のごとく。TSCCシーズン2第2話↓ セラノポイント 原子力発電所をめぐる攻防 もちろん、TSCCはフィクションであり、原発の攻防といってもその種も性質も異なるが、日本人含めた人類の今後がかかっていることに変わりはない。 除染後の放射能検査...サラ・コナーと同じ恐怖に人々は今まさに直面している。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • シャトナーの対談番組の予定 from 65491.jp スタートレック特報 (2011年2月28日 1時26分)
    ★ウィリアム・シャトナーの番組 "Raw Nerve" の出演予定者 (TrekMovie.com) ウォルター・ケーニッグ、レヴァー・バートン、スコット・バクラ ・「ハリウッド史上最悪の男優はキアヌ・リーヴス!ヒュー・グラントやオーランド・ブルームもランクイン!」 (シネマ… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 25日
  5. 偉大な現役映画監督ベスト25を発表!エンターテインメント・ウィークリー誌