シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

米ボックスオフィスにもやっと春到来!?かわいいウサちゃんが大活躍の新作が元気に全米第1位! -4月3日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

米ボックスオフィスにもやっと春到来!?かわいいウサちゃんが大活躍の新作が元気に全米第1位! -4月3日版
日本では、8月に公開予定です! (映画『イースターラビットのキャンディ工場』より) - (C) 2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

 映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』の製作チームがCGと実写を駆使して生み出した映画『イースターラビットのキャンディ工場』が3,754万ドル(31億9,090万円)をたたき出して今週の全米映画チャート第1位に輝いた。(1ドル85円計算)

 3,579館・推定4,700スクリーンで公開されたこのファミリー・コメディー作品は、近年の同種ヒット作で映画『スパイアニマル Gフォース』『ビバリーヒルズ・チワワ』にも差をつけ、ここのところ長い冬が続いていた全米映画界に、本作の主人公のイースター・バニー(復活祭のウサちゃん)同様、春を届ける使者となってくれた。

 さて、復活祭のウサちゃんに大きく差をつけられ第2位に甘んじてしまったのは、ジェイク・ギレンホール主演のサスペンス・アクション映画『ソースコード(原題)/Source Code』で、1,481万ドル(約12億5,885万円)の成績。2961館・推定3400スクリーンで公開されたのだがトップとは興行収入で2倍以上も差をつけられてしまい、ここへ来てまたジェイク主演の映画はどうも勢いに欠けるという定説がまたもや証明される形になってしまった。配給会社が行った観客調査によると、週末に映画を観に来ていた54パーセントが男性客、そして64パーセントが30歳以上の観客であったという結果が発表されている。

 今週第3位は、去年アメリカで大ヒットを記録した低予算映画『パラノーマル・アクティビティ』の製作チームが手掛けたホラー映画『インシディアス(原題)/Insidious』で1,327万ドル(約11億2,795万円)の成績。2,408館で公開され、フィルム・ディストリクト社が初めて配給した作品となっており、この成績からすると同社の前途は今のところ順調といって良さそうだ。

 第4位は、先週の首位から57.7パーセント落下してしまった『ダイアリー・オブ・ア・ウィンピー・キッド:ロドリック・ルールズ(原題)/Diary of a Wimpy Kid: Rodrick Rules』で1,004万ドル(約8億5,340万円)の収益。シリーズ前作の映画『グレッグのダメ日記』と比べると2週目の落下率は続編のほうが大きかったものの、封切り後10日間の収益は続編の方が多く、計3,820万ドル(約32億4,700万円)となっている。

 トップ5最後は、先週第3位から38.2パーセントダウンの映画『リミットレス(原題)/Limitless』で931万ドル(約7億9,135万円)。封切り後17日の総合収益は5,551万ドル(約47億1,835万円)と、先月公開されたマット・デイモン主演のスリラー映画『アジャストメント』の17日総合売り上げを追い抜く勢いで、主演のブラッドリー・クーパーはスター街道をまい進中といったところである。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 6日
  5. 米ボックスオフィスにもやっと春到来!?かわいいウサちゃんが大活躍の新作が元気に全米第1位! -4月3日版