シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

瑛太&松田「日常が当たり前に過ぎていくことが幸せ」としみじみ感謝&続編への野望も語る

瑛太&松田「日常が当たり前に過ぎていくことが幸せ」としみじみ感謝&続編への野望も語る
『まほろ駅前多田便利軒』初日舞台あいさつに登壇した瑛太と松田龍平

 23日、有楽町スバル座にて映画『まほろ駅前多田便利軒』初日舞台あいさつが行われ、主演コンビを演じた瑛太と松田龍平、大森立嗣監督が登壇した。トーク中、瑛太は「この大変な状況の中で映画が公開できて、こうして舞台に立つことができた。そして、観客のみなさんが(映画を観終えて)満足している表情を見ることができて幸せです」と喜びをしみじみと語っていた。

 本作で便利屋の仕事を通じて、ちょっとワケありな人々の人生にかかわっていく30代のバツイチコンビを演じた瑛太と松田龍平。過去を引きずり、人とのかかわりから距離を置いている便利屋主人の多田を演じた瑛太は「(役柄の設定が)自分の実年齢より上だからといって、そう見えるように特に意識はしなかった。今の自分でとらえた多田を演じようと心掛けていました」と役作りを振り返った。さらに、「この作品の『続編が観たい』という声をもらっています」と語ると、客席から期待を込めた大きな拍手が沸き起こった。これに気を良くしたのか瑛太は「みなさんが周りの人に宣伝したり、5回くらい観て頂ければ(笑)続編につながると思いますので、よろしくお願いします」と笑顔で頭を下げ、続編への強い意欲を見せた。

 一方、そんな瑛太演じる多田のもとに転がり込む同級生で、いいかげんな男に見えて実は困っている人を放っておけない行天を演じた松田は「台本がおもしろかった。撮影に入ったら、(瑛太演じる)多田とキャッチボールをしながら作っていきました」と役づくりを振り返った。また、今作のテーマが「幸福の再生」ということにちなみ、「幸せだと思う瞬間」を聞かれた松田は「この瞬間が、というのではなく、日常が当たり前に過ぎていくことが幸せだと感じている。さらに自分で(幸せを)築こうと思わなくてはいけないと思っています」とやはり瑛太同様に、通常の生活を送ることができる幸せをかみしめているかのようなコメントをしていた。

 映画『まほろ駅前多田便利軒』は累計50万部を突破している、三浦しをんによる直木賞受賞小説を映画化した心温まる人間ドラマ。東京と神奈川の間にある架空の街・まほろ市を舞台に、駅前で便利屋を営む多田啓介(瑛太)と、彼の元に転がり込んできた中学の同級生・行天春彦(松田)が、次々にやってくる訳ありな依頼人たちの問題を解決していく姿を痛快に描く。(古河優)

映画『まほろ駅前多田便利軒』は全国公開中

オフシャルサイト http://mahoro.asmik-ace.co.jp/


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 23日
  5. 瑛太&松田「日常が当たり前に過ぎていくことが幸せ」としみじみ感謝&続編への野望も語る