シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

トーマス・デッカー、自分の責任で子どもを失った男を演じる 共演者にケイト・ウォルシュ-トライベッカ映画祭(1/2)

トーマス・デッカー、自分の責任で子どもを失った男を演じる 共演者にケイト・ウォルシュ-トライベッカ映画祭
(左から)ジェレミー・ピヴェン、トーマス・デッカー、ギャビー・デラル監督、ケイト・ウォルシュ

 トライベッカ映画祭(Tribeca Film Festival 2011)で、新作『エンジェルズ・クレスト(原題) / Angels Crest』について、トーマス・デッカー、ジェレミー・ピヴェン、ケイト・ウォルシュ、監督のギャビー・デラルが語った。

 同作は、ロッキー山脈のふもとの町で暮らすイーサン(トーマス・デッカー)が、ある冬の日に3歳の息子を連れて車で旅行に出かけた際に、寝ていた子どもを車の中に置いて林の中で散歩をしてまい、その間に車から外に出てしまった息子を見つけられず凍死させてしまう。無責任な親として地元の人々に批判を受けながら、彼は果たして立ち直ることができるのだろうか? この映画でジェレミー・ピヴェンは、父親イーサンを調べる検察官役、ケイト・ウォルシュはイーサンの友人で、女性とともに暮らすレズビアン役、ギャビー・デラル監督は、ピーター・ミュランの主演映画『オン・ア・クリア・デイ(原題) /On a Clear Day』(日本未公開)でメガホンを取っている。

 トーマス・デッカーは、子どもを失った父親役イーサンを演じる上で、どんなリサーチをしたのだろうか。「僕はこの役を演じる上で、子どもを失うことよりも、子どもと過ごしている時間のほうをむしろ重要視したんだ。そのため、撮影2週間前に子ども役を演じたアメコという名の子役と動物園やミュージアムなどに行って共に過ごしたんだよ。アメコは、実際にシングルマザーに育てられている子どもで、僕を父親みたいな存在として受け入れてくれ、すぐに親しくなることができたんだ」とまずは、子役との関係を育んだそうだ。だが、子どもを失ったときの感情については「僕は、自分の問題や人生を生かしながら演じることが嫌いだが、子どもを失ったときの悲しみは、ちょうどこの映画の撮影中に亡くなった僕の父親への思いを、少しだけ感情移入させて演じていたかもしれない。もちろん、できるだけ気持ちを切り替えて演じていたつもりだけれどね……」と個人的に辛い時期だったことを明かした。だが、そんなトーマスは、テレビドラマ「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」などで最も注目されているハリウッドの若手の一人だ。

 映画内では子どもを失ったイーサンは、アメリカでの児童虐待と軽視を報告するよう命じている法規をもとに検察に追われることになるが、このように子どもを失った状況下で、検察は子どもを失った親を訴えるべきなのだろうか。ギャビー監督は「この映画内の状況下では、個人的に(検察は)そうするべきではないと思うわ。イーサンは、十分なくらい苦痛を味わっていると思うし、それは検察の判断で決めることでもない気がするの。ただこの映画は、単に子どもを失った親を描いているだけでなく、普段の我々の暮らしの中で、人からとがめられることもなく、我々が行ってしまっている悪いことにも触れているの。実際にわたしもロサンゼルスに住んでいて、車の中に子どもを置いたまま、簡単な買い物を済ませたことがあるし、携帯でメールを送るのに夢中になって、子どもをしっかり監視していなかったときもあるわ」と語ってくれた通り、うっかり軽視したことで事件が起きるか起きないかで、その親への人々の判断は違ってくるのも事実だ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 2日
  5. トーマス・デッカー、自分の責任で子どもを失った男を演じる 共演者にケイト・ウォルシュ-トライベッカ映画祭