シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジョニー・デップ、中田英寿さんと熱い握手!日本に向け「心からの敬意をこめて、皆さんを応援しています」メッセージ(1/2)

ジョニー・デップ、中田英寿さんと熱い握手!日本に向け「心からの敬意をこめて、皆さんを応援しています」メッセージ
ジョニー・デップと中田英寿さん-5月4日、ロサンゼルスにて

 4日(現地時間)、アメリカ、ロサンゼルスにて、海賊キャプテン・ジャック・スパロウをジョニー・デップが演じる人気シリーズ第4弾となるアクション・アドベンチャー大作映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』の日本向けの記者会見が行われ、同作の主演ジョニー・デップと世界で活躍する日本人としてサッカー元日本代表の中田英寿さんが出席した。

 会場には、東日本大震災で被災した日本のファンを励まそうと『パイレーツ・オブ・カリビアン』の製作スタッフが手作りした横断幕が掲げられており、そこに髪の毛を短くし、いっそう精悍な顔つきになったジャック・スパロウ役のジョニー・デップが登場。集まった日本のメディアに、「日本の皆さんとお会いできて、光栄です。皆さんのご家族やご友人のご無事をお祈りしています。日本は大変なときですが、われわれパイレーツスタッフもできる限りのことをして、日本の復興にお役に立てればと思います」とあいさつをし、「日本語で会見ができなくてごめんね」と緊張感漂う会場を和ませた。ジョニーがジャック・スパロウを演じるのは今回で4度目となるが、「新しいストーリーの中でジャックが新しい経験をし、今後どのようになっていくのかというところを一番考えたよ。フレッシュな印象を与えたいと思ったんだ」と演技派のジョニーらしい役づくりへの工夫を語った。

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第1作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』が2003年に公開されてから今年で8年目になる。撮影はその1年前からはじまっておりジョニーはその歳月を振り返り、「ジャック・スパロウというキャラクターは、僕の子どもと一緒に育ってきたようなものなんだ。僕の上の娘が3歳、下の息子が6か月のとき、第1作目を撮影したんだけど、今はもう12歳と9歳になったんだ。今回の新作の撮影中は、ハワイ、ロス、ロンドンと子どもたちがずっと一緒だったんだ。二人ともジャックが大好きだから、今後も続けていきたいと思っているよ」とファンにはうれしい次回作への意欲を明かした。

 またこの会見には、「世界を舞台に活躍する日本人」として今週土曜日にアメリカで行われるワールド・プレミアにも招待されているサッカー元日本代表の中田英寿さんが登場。ジョニーと熱い握手を交わし、「僕はこの映画の大ファンです。ジョニーさんには一度お会いしてみたいと思っていたので、今日は本当にうれしいです」と喜びを伝えた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 6日
  5. ジョニー・デップ、中田英寿さんと熱い握手!日本に向け「心からの敬意をこめて、皆さんを応援しています」メッセージ